tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

『美容」と『化粧』の歴史をひもとく。

『化粧』は罪か、特権か?古代社会のコスメ事情。 (c) .foto project 私がコスメについて学んだ日本化粧品検定のテキストには、 化粧品の歴史についてのページがありました。 いつ頃から化粧をするようになったのか、 どのようなものを化粧品として使ってい…

やみつきになる、ふわふわモコモコの泡立ち。唐津の老舗豆腐店の豆乳を使った石けん。

「飲んで美味しい豆乳で、お肌にいい石けんを」。唐津の地で、カフェを営む女性がつくった豆乳石けん。 創業寛政年間の川島豆腐店さんといえば、ざる豆腐発祥の店として全国的にも有名です。その豆乳を石けんに いつもこのブログをご覧いただきありがとうご…

秋冬こそ大事な紫外線ケア。彩の国・埼玉の『いろどり繭』のシルクエキスで、サラサラ馴染む日焼け止め。

埼玉県のコスメファームさんのいろどり繭と、ハーチュリー マイルドサンスクリーン 埼玉県秩父地方でしかとれない希少な繭〝いろどり〟。淡いレモン色はポリフェノールが豊富な証 淡いレモン色の埼玉県ブランド繭〝いろどり〟。ポリフェノールが豊富で、保湿…

今、脚光を浴びる「美容オイル」について学んできました!

セミナーではさまざまなオイルに触れて、その特徴をじかに感じました 福岡で開催されたコスメを読み解くセミナー。テーマは美容オイル! 日本化粧品検定協会では、コスメの成分表示を読む力を身につけるためなど、 各種セミナーが開催されています。 先日、…

今の自分に合ったクレンジングを選ぶこと。

左上:クレンジングオイル、左下:クレンジングミルク、右上クレンジングジェル、右下クレンジングクリーム コールドクリームが苦手な私に、水で流せるクレンジングクリームは画期的な存在でした。 私がメイクアップを習ったのは高校卒業時に開催された、 メ…

このしっとりはミルクのやさしさ。チーズづくりの工程で生まれる「ホエイ」の力でうるおうクリーム。

牛たちがのんびり暮らす牧場から、美味しいミルクとチーズとスキンケアコスメ。 今回の「コスメ風土記」は、兵庫県神戸市のコスメをご紹介します。 港町・神戸の眺望スポットとして知られる六甲の北側 標高400メートルの場所に、弓削牧場さんがあります。 搾…

肌の美しさ若々しさは、健やかさの上に成り立つもの。

肌の土台は食べ物からつくる。スキンケアとともに内側からのケアを。 キレイと健康はひとつながり。 年齢を重ねるほどに、 いかにいい状態を保つかが大事だと思うようになりました。 でも、それがなかなか難しいのです。 だからこそ、コスメによるスキンケア…

アルビオン熊谷工場見学ツアーに参加してきました!

日本化粧品検定協会企画イベントで、アルビオン熊谷工場を訪問! 去る9月22日、日本化粧品検定協会企画イベントの 高級化粧品メーカーとして名高いアルビオンさんの熊谷工場見学ツアーに 参加してまいりました。 貸切バスはなぜか深谷市のご当地ゆるキャラ“…

災害時の備えにあると良いもの。

秋の3連休というのに大型の台風18号の影響で、 九州・福岡は交通機関の運休や商業施設の休館の知らせが相次ぎました。 しかも日本縦断のルートを辿るという情報に 心が痛みます。 被害の少ないことを切に祈ります。 さて、 被災してしまった時のために、 飲…

鳴門の海に育まれたわかめの成分でしっとり!オールインワンクリームとプレローション。

↑アルガス プレローションとオールインワンクリーム エステでするような海藻のパックがお家で手軽にできたら…そんな思いが叶う、海洋美容成分配合コスメです。 キラリと光る日本各地のご当地コスメを 探し求める『コスメ風土記』。 今回は初めて九州を離れ、…

お米と麹の発酵パワーで健やかな美肌に!今注目の酒粕石けんは、玄海町の美しい棚田生まれ。

玄界灘に面した棚田から取れる良質のお米でつくる日本酒。その酒粕と日本酒も練りこんだ贅沢な酒粕石けんです。 前回のブログでもご紹介しましたが、椿油石けんTSUBAKI SAVONで 「ジャパンメイド・ビューティ アワード」優秀賞を受賞された 松尾聡子さんは、…

9月の始まりに、うれしいニュースが飛び込んできました!

TSUBAKI SAVONが『ジャパンメイド・ビューティ アワード』で『優秀賞』を獲得! 先日、このブログで紹介させていただいた グラフィックデザイナーの松尾聡子さんが開発した 加唐島の椿油石けんTSUBAKI SAVON(つばきさぼん)が、 『ジャパンメイド・ビューテ…

愛していても、さよならする時。

別れる時を見極めましょう…コスメにも。 コスメには、使用期限の記載があるものとないものがあります。 お手持ちの未開封のコスメで、使用期限の記載があるものは、 それまでに使い切ってしまいましょう。 使用期限の記載のないコスメは、3年となっています…

知らぬ間に秋は来にけりお肌にも。

夏の終わりは、肌のダメージを実感する時季。 お盆も過ぎ、九州は相変わらず猛暑で汗だくの8月後半。 女は夏に老けると言われますが、 鏡に向かうと、これまで浴びて来た紫外線や汗・暑さのストレスで 肌がいかにダメージを受けて来たかを実感させられます。…

良きものは故郷にある。唐津・加唐島でとれる椿油から生まれた石けん。

一人の女性の想いから始まった加唐島椿油の石けん開発。 自身が使うボディオイルはできるだけオーガニックのものを選んでいた、 唐津市出身のグラフィックデザイナー・松尾聡子さん。 さまざまなボディオイルを購入しては試し、調べているうちに 地元・唐津…

時には心変わりも必要。

肌が求めるテクスチャーを求めて。 今年の夏は例年にない暑さ。 洗顔→化粧水→乳液→クリームと重ねていく いつものスキンケアが 重く感じられる季節です。 湿度も高いし、ベタつくし、 ついつい化粧水だけで済ませたくなるのですが… それでは秋の乾燥肌の一因…

コスメはいかにしてつくられるのか、を追いかけて行きたい。

『唐津コスメティック構想』を探ってきました! これまでの記事で、唐津でのネロリ花摘み体験やHana marché、 唐津で生まれたコスメなどを紹介させていただいています。 唐津といえば勇壮な唐津くんちや、 フリーダイバーのジャック・マイヨールがこよなく愛…

茶どころ九州。そのお茶の実から、肌にやさしい茶実油のコスメが誕生しました。

飲んで美味しいお茶。その実からは良質なオイルが採れることをご存知ですか? 佐賀県の嬉野茶など、九州はお茶どころでもあります。 お茶の健康効果は言わずもがなですが、 お茶の実にもビタミンEやオレイン酸、カテキン、茶サポニンなどの栄養成分が 豊富に…

白きくらげのうるおい成分たっぷり!ぷるぷるまんまる石けん

お菓子?ボール?…実は洗顔石けんなのです。 またまた先日のhana marchéで見つけた佐賀・唐津発のコスメです。 まずこの形状にご注目!パッケージの中に見える球体は、まるで子どもの時に遊んだびよーんと跳ね返るボールを思わせます。 パッケージを開けると…

福岡女学院大学の産学連携・女子大生と白イチゴの出会いが生み出した化粧水と乳液🍓

「女性が一生輝きますように」願いを込めて開発された福岡女学院大学の女子大生によるコスメです。 先月5月に開催されたHana marchéには、福岡女学院大学のブースもありました。 そこで販売されていたのが、こちらの化粧水と乳液です。 福岡女学院大学国際…

女子高生たちが考えた唐津発リップクリーム

先日のHana marchéでは、唐津発・佐賀県発のコスメも紹介されていました。 その中からひとつ。 『ルビコルビオ リップバーム』 ルビコルビオ リップバーム(左)と、さがんルビー(右) 「さがんルビー」ってご存知でしょうか? これは佐賀大学で研究され、…

Hana Marchéで化粧水づくり体験に参加してきました。

ゴールデンウィーク最終日。 唐津のジャパン・コスメティックセンターの主催イベント、Hana Marchéが唐津市で華やかに開催されました。 その中で、化粧水づくりのワークショップがあり、参加させていただきました。 この日はお子様連れのママも多数参加され…

唐津でネロリ(ミカン)花摘み体験に参加してきました。

ゴールデンウィーク終盤の土曜日、ジャパン・コスメティックセンター主催の ネロリ(ミカン)花摘み体験に参加してきました。 場所は海に近い唐津市浜玉町のミカンハウスです。 たくさんの方が集まっていました。お子さんづれもちらほら。 唐津市は糸島市の…

はじめまして。コスメコンシェルジュの山内有紀です。

山と海と田園のまち・糸島からこんにちは! フリーランスライター、 そして日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュの 山内有紀と申します。 ●私の仕事 長年コピーライターとして百貨店や外食産業、地方自治体などの ライティングに携わってきました。 近年…