tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

肌の美しさ若々しさは、健やかさの上に成り立つもの。

f:id:tryaging:20171008121200j:plain

肌の土台は食べ物からつくる。スキンケアとともに内側からのケアを。

キレイと健康はひとつながり。

年齢を重ねるほどに、

いかにいい状態を保つかが大事だと思うようになりました。

 でも、それがなかなか難しいのです。

だからこそ、コスメによるスキンケアと同時に行いたいのが

内側からのケア。

肌の土台づくりのために

意識したい代表的な微量栄養素をご紹介します。

 

まず、季節の変わり目で、気になる肌の乾燥やかさつきには

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン。

 

シミやくすみには、抗酸化コンビのビタミンCとビタミンE。

またビタミンCは、肌にとって大切な

コラーゲンの生成を促してくれる働きもあります。

βカロテン、L-システインも摂りたい栄養素。

 

ニキビや肌荒れには、ビタミンB2とビタミンB6。

ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝を高め、血液循環を改善し、

発育を促進するといわれています。

ビタミンB6も、皮膚の新陳代謝を高め、抵抗力を強化し、

乾燥を防ぐといわれています。

 

栄養素の摂取は食事からが大前提ですが、

忙しい現代の生活では、食材を取り揃るのが難しかったり、

外食ではつい栄養バランスが偏ってしまったりと、

十分な量を補うには足りないことも。

また、カロリーはセーブして必要な栄養素だけを摂りたい、

というときにもサプリメントが心強い味方になります。

 

f:id:tryaging:20171004133348j:plain

サプリメントの形状もいろいろ。左上・カプセル状、左下・ソフトカプセル、右・糖衣錠

サプリメントの良さをしっかり活かすための飲用ポイント。

実はサプリメントを飲用する際にも

気をつけたいポイントがあります。

①飲用するときの水

浄水器を通して塩素を除去した水がおすすめ。

水道水に含まれる塩素がビタミンを破壊してしまいます。

 

②飲むタイミング

脂溶性ビタミン(ビタミンAやE)は食事中に飲用。

水溶性ビタミン(ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンC)は

最低でも3〜4時間程度間隔をあけて摂取するのが良いといわれ、

脂っこい食事の後は2時間控えた方がベストとされています。

せっかく摂る栄養素、その力を発揮できるようにしたいですね。

 

サプリメントを摂る際に気をつけたいのは過剰摂取です。

栄養素を単独で多量に摂取するよりも、

微量でも多種の栄養素をバランスよく摂れるサプリメント

または、いろいろな栄養素を含む自然素材のサプリメント

私はおすすめしたいと思います。

自分の今の身体・肌の状態を振り返り、

無理なく続けられるものをお選びください。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村