tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

W美肌の湯で知られる福岡県原鶴温泉の化粧水で、肌を元気に。復興へ向かう朝倉の地を元気に。

傷ついた鶴が傷を癒した伝説が残る原鶴温泉は、つるつる美肌の温泉郷

f:id:tryaging:20171128093313j:plain

「鶴が見つけた温泉郷原鶴温泉の温泉水でつくった化粧水・TSURUHIME鶴姫。シュッと使えるスプレータイプです

冬真っ只中ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

日本各地のご当地コスメをご紹介する『コスメ風土記』。

福岡県在住のコスメコンシェルジュなのに

まだ福岡県のご当地コスメをご紹介できていませんでしたね(汗)

ようやくみなさまにお知らせしたい!と思うコスメに出会えました。

朝倉市原鶴温泉化粧水TSURUHIME〜鶴姫〜をご紹介させていただきます。

f:id:tryaging:20171225132355j:plain

鶴がいた場所から湧き出た温泉が原鶴温泉の由来といわれているそうです

化粧水のメインとなる水には、美肌へ導く二つの泉質を併せ持つ、原鶴温泉の温泉水を使用しています。

原鶴温泉は福岡県の中南部大分県との県境にある朝倉市にある

自然豊かな温泉郷

トロトロのお湯は「肌がつるつるになれる!」と評判です。

その特長は二つの泉質を持っていること。

一つ目の弱アルカリ性単純温泉は、

皮膚表面の古い角質をふやけさせて落としやすくしてくれます。

二つ目の単純硫黄泉にも、

古い角質を落として余分な皮脂を取り除く働きがあります。

さらにメラニンにも働くとされ、明るい肌に。

また、硫黄の成分は日光に当たると皮膚に薄い膜をつくって

紫外線からカバーしてくれるといわれています。

このことから、原鶴温泉はW美肌の湯といわれているのです。

 

化粧水にとって、水はメインとなる重要なもの。

TSURUHIME〜鶴姫〜には

この原鶴温泉の温泉水が8割使用されています。

 

シュッとひと吹き、立ちのぼるバラの香りに癒されます。温泉水に各種ハーブ水、ヒアルロン酸やダマスクバラ花油などを配合。

f:id:tryaging:20171225155952j:plain

暖房をずっとつけていると肌も乾燥してきます。 私は乾いたな、と思った時に シュッと顔にスプレーしてそっとハンドプレスして 乾燥対策をしています

このTSURUHIME〜鶴姫〜は、

原鶴温泉のあさくら観光協会

熊本県阿蘇にてオーガニックコスメを製造・販売している

阿蘇オーガニック株式会社との

コラボレーションにより誕生しました。

W美肌の湯に加えてレモングラス水などのハーブ水や

保湿成分ヒアルロン酸、ダマスクバラ花油などを配合。

さらにノンアルコールで防腐剤フリーと、

肌へのやさしさを追求しています。

某女性誌で行われたふるさと納税の美コスメ商品を集めた

コンテストでも2位となった名品なのだそうです。

 

コスメでできる、復興応援。

f:id:tryaging:20171128093316j:plain

商品とともに朝倉市の観光パンフレットや原鶴温泉のパンフレット、手書きのお手紙も添えて送ってくださいました

 

朝倉市といえば、今年の九州北部豪雨で

甚大な被害を受けた地域。

そして南阿蘇も昨年の熊本地震で大きな被害を受けました。

 

あさくら観光協会の事務局長である里川さんは

「熊本の震災の復興応援につながる商品であり

九州豪雨災害復興応援にもつながる商品です。

みんなめげずにがんばっております。

どうぞよろしくお願いいたします!」と

言葉を寄せてくださいました。

 

化粧品は毎日欠かさず使うアイテム。

コスメならばごく自然な形での支援が叶います。

 

W美肌の湯とハーブの力で肌の元気に、

そして朝倉・阿蘇の地の元気につなげていただけたら。

想いをこめて、みなさまにお伝えしたいと思います。

 

原鶴温泉化粧水TSURUHIME〜鶴姫〜は

こちらから購入することができます。

原鶴温泉化粧水TURUHIME情報 – あさくら観光協会

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村 

 


メイク・コスメランキング