tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

美容オイル好き必見!肌にも髪にも優しい奇跡のオイルを国産で。沖縄県・池間島の大自然と人々の手が作り上げるタマヌオイル。

f:id:tryaging:20190614181546j:plain

タマヌオイルの元であるテリハボクとその種子
f:id:tryaging:20190613194528j:plain
f:id:tryaging:20190613194517j:plain
沖縄本島からさらに南、宮古島市池間島からやって来た国産タマヌオイル

ご存知ですか?国産のタマヌオイル。

Hana Marche2019で出会ったご当地コスメレポート、

第1弾は、沖縄県池間島地域ブランド『naure(ナウレ)』の

タマヌオイルをご紹介します!

 

少し前に盛り上がったオイル美容は、すっかり一つのカテゴリーとして定着。

オイルは日々のスキンケアに欠かせないものになったように思います。

私自身もコスメコンシェルジュとして、また仕事で

さまざまな美容オイルに触れてきましたが

この国産のタマヌオイルは初めてでした。

美容家が注目するタマヌオイルは、民間薬として受け注がれてきました。

タマヌオイル とは、タマヌ(日本名・テリハボク)の木の種子からとれるオイルです。

タヒチなど太平洋の島々でタマヌは「神の木」とも讃えられ

古くから人々のすこやかな生活に役立てられてきました。

その種子を搾ってとるオイルは南太平洋の島々で

切り傷ややけど、虫刺され、しっしんなどから赤ちゃんのおむつかぶれまで

民間薬として伝統的に用いられてきました。

タマヌオイルはオレイン酸リノール酸をバランスよく含むこと、

抗炎症成分であるカロフィロリードなどの有用成分を含有していること、

高い抗酸化力を持つことから、近年モデルや美容のプロたちの注目を集め、

タヒチ産やハワイ産のタマヌオイル、そしてそれらを原料に使用したコスメが

登場するようになりました。

 

お話を聞かせてくださった三輪智子さんは、神奈川県の出身。

地域おこしの仕事に携わってきた経験を持ち、

島を元気にしたいとの想いで池間島に移住されてきたのだそうです。

「私たちは島おこしの取り組みとしてテリハボクの植樹を行ってきました。

その中でテリハボクの種子のオイル、

タマヌオイルが美容に使われていることを知りました。

私たちはタマヌオイルづくりで地域産業をと考え、

クラウドファンディングで資金を集め、今年2月に商品化が実現したばかりなのです」

f:id:tryaging:20190613194647j:plain
f:id:tryaging:20190613194717j:plain
池間島のタマヌオイルは香ばしいナッツの香り、ペリドットのような色

良いオイルづくりのためには、熱をかけないことが重要です。

池間島のタマヌオイルももちろん、非加熱のコールドプレスで

ゆっくり時間をかけてオイルを抽出しています。

今年出来たばかりの池間島のタマヌオイル(ピュアオイル)を手に取ると、

香ばしいナッツの香りがして、少し重みのあるテクスチャー。

肌に伸ばすとしっとりと馴染みます。

そしてベタつくことなく肌にうるおいを与えてくれます。

手に伸ばして髪にもみ込むと、程よく髪を整えて

ツヤとしなやかな手ざわりを与えてくれます。

 

ちょうどタマヌオイルを使ったバームづくりのワークショップも

開かれていて、私も参加させていただきました!

f:id:tryaging:20190613194539j:plain
f:id:tryaging:20190613194547j:plain
タマヌオイルを使ったバームづくりのワークショップも行われていました。
f:id:tryaging:20190613194619j:plain
f:id:tryaging:20190613194559j:plain
オイルとニホンミツバチのミツロウを湯せんで溶かし、アマナツとグレープフルーツの精油を加えて

f:id:tryaging:20190613194609j:plain

器に注ぐとすぐ固まってきます。テリハボクの葉と実のシールを貼って完成!

島の自然を守り、人々の暮らしを支え、未来へとつながる、池間島のタマヌオイル。

テリハボクは沖縄の言葉で「ヤラブ」と呼ばれます。

三輪さんは夫である大介さんとともに会社として

『ヤラブの木』を立ち上げ、タマヌオイルの製造・販売から地域づくりの支援まで

島おこしに邁進しています。

「タマヌオイルを作るには、まずテリハボクの種子を数ヶ月間、天日で乾かします。

次に実を割るのですが、その作業を池間島のオバアたちにお願いすることで

地元に仕事が生まれます。

そして安定した収量と品質を保つため、共有地にテリハボクの木を植えています。

それが自然環境を守ることにもなっているんですよ」

池間島の美しい自然に負荷をかけることなく、

そして島の人々を支えるタマヌオイルは、

消費者である私たちも積極的に使うことで社会に貢献できる

大切な側面を持っているのですね。

 

これから紫外線量が増える季節、

池間島のタマヌオイルは頼れるオイルになってくれることでしょう。

 

ヤラブの木さんのタマヌオイルは、

こちらから購入することができます。

yarabutree.shop-pro.jp

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング