tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

平成30年度ご紹介の、ご当地コスメ振り返り。

新年あけましておめでとうございます。

f:id:tryaging:20190101183550j:plain

平成30年にご紹介させていただいた、ご当地コスメです

このブログにお越しいただきましてありがとうございます。

皆さまはどのような新年をお迎えでしょうか。

私はといえば、おかげさまでコスメコンシェルジュライターとしてコスメ関連のお

仕事が増え、忙しくさせていただいております。

その中で、自分の中のテーマとして「ご当地コスメ」を

その地域の魅力・土地柄や取り組み・開発者の方の想いなども含め

私の試用感レビューとともにご紹介させていただいております。

 

華やかなりしバブルからスタートした平成という時代は、

バブル崩壊リーマンショックなどの経済の変化を体験し、

物の価値について消費者が学び成熟してきた時代です。

これからもっともっと、個人の想いや要望に応えたもの、

商品にまつわるストーリーや、その商品を使うことで得られる幸せ

(消費者の幸せ、生産者の幸せ、社会の幸せ)が

求められてくるように私は思います。

ご当地コスメは、その地域の特産物の機能性を活かし、

消費者に喜ばれ、生産者を豊かにし、

社会を幸せにするツールになりうると信じています。

だからか、私の選ぶご当地コスメは

女性だけでなく男性にも、お子さんにも使えるものを選んでいるように思います。

では、平成30年に取り上げたご当地コスメをもう一度ご紹介しましょう。

美肌といえばもち肌!京都府のもち米から生まれたオールインワンクリーム。

京都のお友達が教えてくださった素敵なコスメです。

tryaging.hatenablog.com

佐賀県唐津のオリーブ園が手がけたナチュラルオリーブコスメシリーズ。

現在、天神福岡三越地下1階オペレッタやINCUBE、博多駅東急ハンズでも販売されています。

tryaging.hatenablog.com

佐賀県唐津の椿の島・加唐島のツバキ油コスメから新商品!使い道いろいろ・しっとりTBKバーム。

デザイナーであるバーズプランニング・松尾聡子さんのパッケージデザインもおしゃれで、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれる一品です。

tryaging.hatenablog.com

柔らかなテクスチャーとフランキンセンスの香りは大切な方のケアの時にも。長崎県の老舗が生んだ、びわの種とコラーゲンのクリーム。

tryaging.hatenablog.com

 健やかな肌に洗い上げる、海の塩を高配合した特許製法の佐賀県石鹸メーカーの塩石鹸。

tryaging.hatenablog.com

注目素材・唐津産白イチゴエキスを使ったUVクリームは家族みんなで使える優しい使い心地。

tryaging.hatenablog.com

北海道の地域素材を活かしたものづくり。北海道の森の精油を詰め込んだハンドクリーム。

tryaging.hatenablog.com

 

佐賀県唐津・七山の名水で育まれる白きくらげの圧倒的なうるおい力。「白美茸」の保湿クリーム。

tryaging.hatenablog.com

青森県の「御なたね油」と「プロテオグリカン」を配合した、エイジングケアにも使いたいマッサージオイル。

tryaging.hatenablog.com

 

酒どころ・米どころ佐賀の酒蔵の酒粕化粧水でしっとり美肌に。製薬会社のご当地コスメ。

tryaging.hatenablog.com

平成の次の時代もご当地コスメを

本質を知り求める消費者の方々に

もっともっとご紹介できればと思っています。

新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします!

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

ぷるぷるしっとりうるおい肌に。酒どころ・佐賀の酒粕エキスを配合した化粧水。

f:id:tryaging:20181223164009j:plain

パッケージの模様は佐賀錦をイメージ

佐賀における“地産地消”をコンセプトにした久光製薬さんのコスメ

前回ブログで紹介させていただいたSAGAN BEAUTY WEEKENDでは、

佐賀県のご当地コスメも出展されていました。

そこで見つけたのが、久光製薬さんの「さが美人」のコスメシリーズ。

早速販売ブースの方に色々と商品のことをうかがいました!

久光製薬さんの創業の地は佐賀県鳥栖市

佐賀県特産品にこだわって開発した化粧品を、佐賀県で販売することで

肌も心も佐賀県もうるおってもらいたいという想いが込められています。

f:id:tryaging:20181223164113j:plain

f:id:tryaging:20181223164106j:plain

佐賀県唐津茶・日本酒・エミューオイル。それぞれの素材を活かした商品を展開

高い評価を受けている唐津茶(肌の引き締め作用)、

唐津の銘酒の副産物である酒粕(肌の保湿作用)、

基山町で飼育されているエミューのオイル(エイジングケア作用)、

それぞれの素材をもとに化粧水とシートマスクをつくられています。

f:id:tryaging:20181223164018j:plain

佐賀の恵みを、佐賀の女性に。はい、佐賀県限定販売なのだそうです

f:id:tryaging:20181223164217j:plain

とにかく粘度がある!とろみのあるテクスチャー

ふわっと酒粕の香りがただよう化粧水は、濃厚なとろみで肌がしっとり。

今回私は酒粕化粧水を購入してみました。

こちらに使用している酒粕は、

かつて豊臣秀吉が茶を点てたという伝説のお茶の水を使ってつくられた

日本酒の酒粕です。

もともと酒粕は美容成分を豊富に含む素材であり、酒粕エキスを配合した

コスメは数多く、人気がありますね。

さが美人酒粕化粧水で使用しているのは唐津の歴史ある「鳴滝酒造」さんの

銘酒の酒粕。ビタミンミネラル豊富な美肌成分がぎゅっと詰まっています。

f:id:tryaging:20181223164221j:plain
f:id:tryaging:20181223164226j:plain
実は何度も何度もビンを振ってます!感触はまるで美容液

化粧水というより、ジェルのようなテクスチャーなので、

肌に塗ると「しっかりうるおいで包まれた〜!」という実感があります。

私はこのとろみを利用して、顔のリンパケアをしたりしています(笑)

そしてふわっと香る酒粕の香りがなんとも言えません!

濃厚とろみ系だと逆に浸透しにくいのではないかと思われるのですが、

ハンドプレスを繰り返すうちに、しっかりなじんで浸透されていきました。

この後、手持ちのクリームやオイルでケアをして、スキンケアは終了。

乾燥しがちだった肌は、時間が経ってもうるおっています。

冬場の乾燥は肌のくすみにつながるので、

酒粕の美肌パワーを盛り込んだ化粧水は頼もしい存在になりそうです。

また、この酒粕エキスを配合したシートマスクもあります。

綺麗になれるだけじゃない、世の中のためにもなる仕組みも。

佐賀県の優れた特産物を使ったコスメを佐賀県の女性に使ってもらいたい、

佐賀県の良い素材をもっと知っていただきたいという久光製薬さんのコスメ・

さが美人シリーズは、売上金の一部を佐賀県内の公益団体へ寄付されています。

 

綺麗になることにどんどん前向きになれる

素敵な取り組みだと思いました。

 

久光製薬さんの“さが美人”は

佐賀県内の道の駅などや、鳥栖市ふるさと納税

手に入れることができます。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

SAGAN BEAUTY WEEKEND 2018 に行ってきました!

f:id:tryaging:20181124213652j:plain

華やかに開催されたSAGAN BEAUTY WEEKEND


季節はもう晩秋…。すっかりブログ更新が滞ってしまいました💦

でも、コスメ系のイベントなどには参加しておりますよ!

今回は、10月26日に佐賀県にて開催された

SAGAN BEAUTY WEEKEND 2018のお話を。

佐賀の名物といえば…何を連想しますか?これからはコスメになるかもしれませんよ。

 みなさまは「佐賀県」といえば何を連想されるでしょうか?

グルメな方に高い人気を誇る佐賀牛や、味わい深い地酒。

温泉好きの方は嬉野温泉や、武雄温泉が思い浮かぶことでしょう。

焼き物がお好きな方は、有田焼や唐津焼をお持ちかも。

そんな佐賀県は、良質なコスメや健康に役立つ食品の原材料になり得る

産物を生産しています。

そう、佐賀の名物にコスメ素材やコスメが加わって来そうなのです。

f:id:tryaging:20181124213502j:plain
f:id:tryaging:20181124214101j:plain
佐賀県の山口知事のご挨拶もありました

SAGAN BEAUTY WEEKEND

『佐賀発キレイ〜佐賀のモノdeキレイになる週末』は

佐賀県ものづくり産業課コスメティック構想推進室主催。

佐賀県のコスメ事業を県民の方にもっと知ってもらいたいとの発案で企画された

美と健康のイベントです。

ファッションショーや美と健康のスペシャリストによるトークショー

地産の食材の試飲や試食、肌測定やネイル体験のブースや、

プロのカメラマンによるフォト体験など女性なら心踊る内容が盛りだくさん。

もちろん、佐賀県の産物を原料に使ったご当地コスメの

販売ブースも登場していましたよ。

f:id:tryaging:20181124224355j:plain
f:id:tryaging:20181124224630j:plain
f:id:tryaging:20181124224604j:plain
佐賀のご当地コスメ、佐賀産の原料を使ったコスメも紹介♩

コスメティック産業の集積地とコスメティックに関連する天然原料の生産地を目指す

唐津コスメティック構想』と

健康食品やコスメ、機能性資料やバイオ燃料などに活用できる

藻類産業の創出および集積を目指す『佐賀バイオマス構想』の

取り組みの周知が目的ですが

こんな素敵で華やかなイベントを企画されるとは!

f:id:tryaging:20181111225758j:plain

事前に来場を申し込んだら、協賛品もこんなにいただきました!

保湿や、エイジングケアなど

コスメの効果は原料が大きなカギを握ります。

良質な原料の産地としての佐賀県

そしてその原料の良さを生かしたご当地コスメを

これからも注目していきたいと思っています。

 

 にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村 


メイク・コスメランキング

 

 

 

 

 

 

美容のプロが惚れ込んだ!御なたね油とプロテオグリカン、青森県ならではの素材を配合したマッサージオイル。

f:id:tryaging:20180930193643j:plain

菜の花のシルエットが可愛いボトルデザインは某大手化粧品会社のデザイナーさんが手がけたもの

インスタグラムを通じて、ruru07693さんが教えてくれた青森素材のご当地コスメ。

台風情報を見ながら、この記事を書いておりますが、

皆様の地域は大丈夫でしょうか?

 

さて、今回のご当地コスメは、

青森県発のブランド・フロルデコルサのアロママッサージオイル。

Instagramで私がフォローさせていただいている

ruru07693さんイチ押しの逸品です。

 

東京都でエステティシャンのお仕事をされているruru07693さん。

美容のプロとして高級コスメからプチプラコスメまで

様々なコスメを試すうちに、

「自分が心からおすすめできるコスメを紹介したい、

他の商品とは明らかに違うセールスポイントを持ったコスメを」という

想いが強くなってきたと語ります。

そんな中でご当地コスメの存在を知り、

ruru07693さんの出身地である東北地方のご当地コスメを調べるうちに出会ったのが

青森県のフロルデコルサでした。

保湿、美肌作用、エイジングケア…故郷・青森の素材は美容パワーがいっぱい!

フロルデコルサは青森県NPO法人・菜の花トラストさんが

開発したコスメブランド。

青森県ならではの「御なたね油」と、「プロテオグリカン」の

二つの素材が原料に使われています。

 

「御なたね油」は、日本でもトップクラスのなたねの作付面積を誇り、

菜の花の町として知られる青森県横浜町産のもの。

農薬不使用で栽培された菜の花の種を天日干しにして、

搾油時の酸化を防ぐためにコールドプレス。

静置後、上澄みだけをろ過して得られたものです。

なたね油をコスメに…というと意外な気もしますが、

オメガ3(リノレン酸・エモリエント効果等)、6(リノール酸・保湿・美白等)、

9(オレイン酸・水分蒸発抑制等)をバランスよく含み、

美肌効果が期待できるオイルです。

 

「プロテオグリカン」は、以前は牛軟骨から抽出されており、

取り扱いの難しさ・抽出法が確立していなかったことから

1グラム3,000万円(!)といわれた美容成分です。

フロルデコルサに使用しているプロテオグリカンは

独自の特許技術で鮭の鼻軟骨から抽出されたもの。

青森をはじめとする東北地方では昔から鮭がよく獲れ、

郷土の食材として古くから親しまれてきました。

プロテオグリカンはタンパク質と糖の複合体で、

皮膚や軟骨の成分として身体に存在しています。

化粧品の材料としての特長は

なんといってもヒアルロン酸の130%もの保水力!

さらに弘前大学の研究により、皮膚弾力やシワの改善など

エイジングケアへの効果が確認されています。

f:id:tryaging:20181006140757j:plain

ハマナスをイメージした香りに癒されながらマッサージ♪


 マッサージしながらエイジングケア。リッチなテクスチャーで、しっとりうるおい続ける肌へ。

では、私がこのアロママッサージオイルを使った感想を

お伝えします!

まず、手にした感触はとてもリッチなテクスチャー。

伸びもよく、ワンプッシュでつま先から大腿まで使えます。

はじめはべたつきますが拭き取らず、肌に馴染ませていくと、

柔らかくなってしっとり。

マッサージしながら、肌のエイジングケアもできるのが

うれしいかぎり。

手のひらの隅々まで伸ばせば、水を弾いて冬の手荒れ対策にも。 

また、私は夜のスキンケアの後に、少しだけこのオイルを

両手で伸ばし、「ポン、ポン、ポン」と頬や額、

口元に当てて乾燥防止にしています。

翌朝の顔の乾燥がかなり気にならなくなりました。

手に残ったオイルは毛先や爪などにつけてツヤ出しにしてもいいですね。

使う人の工夫でいろんな使い方ができるのも

このオイルの良いところだと思いました❤️

 

f:id:tryaging:20180930193649j:plain

フロルデコルサのクレンジングオイルのサンプルも。伸びが良いのでこすらずとも落とせる優れもの

ruru07693さんは、フロルデコルサが

一人でも多くの人の目に留まる機会を作りたいと、

インスタグラムで情報発信を行ったり、

都内で場所を設けて販売を行うなどの活動をされています。

 

「ご当地コスメというジャンルを

盛り上げていければと思っています。

市場に並ぶコスメに負けない効果が感じられますから」と

 

語ってくださったruru07693さん。

 

出身地である青森県のフロルデコルサについて

詳しく丁寧に説明してくださったその熱意に、

美容のプロとしての目と、ご当地コスメへの

深い想いを感じました。

 

ruru07693さんのインスタグラムはこちらです。

 

 

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

お知らせ・コスメ紹介のスタンスが変わります💄

f:id:tryaging:20181003201657j:plain

これまで、ご当地コスメを紹介する際に

薬機法(旧薬事法)を意識して

化粧品で認められている表現以外の効果効能を

記載しておりませんでした。

しかし、このブログは個人のレビューであり、

広告ではありませんので薬機法は適用されないことが確認できました。

今後、紹介させていただくコスメは効果効能にも踏み込んで

ライティングさせていただく所存です。

それはご当地コスメの作り手の方たちが

もっとも伝えたいことであり、

きっと読者の方も知りたい部分だと思います。

 

これまでにご紹介したご当地コスメも、順次書き直しをさせていただきます。

のんびりペースになりますので、気長にお待ちくださいませ。

今後とも、このブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへにほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

唐津生まれの白いきくらげ『白美茸』。その保湿力を活かした軽やか保湿クリーム!

f:id:tryaging:20180901161520j:plain

Douce et Jolieは、佐賀・唐津のボタニカル素材と日本の研究技術を活かしたシリーズです

名水湧く唐津・七山で栽培される白美茸は、美容素材としても大注目。

またまた台風接近で、何かと気をもむ9月の始まりです。

これ以上、豪雨被害の出ないことを祈っております。

 

さて、以前Katatsu StyleさんのブランドDouce et Jolieの 

白イチゴホイップUVクリームを取り上げましたね。

www.karatsustyle.com

 

今日はそのDouce et Jolieの『白美茸うるおいツヤ肌クリーム』をご紹介します。

 清流と自然豊かな唐津・七山村の地で、徹底した温度・湿度管理のもと

農薬不使用で大切に育てられている白いきくらげ『白美茸』。

一般の白きくらげとも異なる稀少な特別変異種です。

低カロリーで高タンパク、ビタミン・ミネラル、アミノ酸が豊富で、

女性にオススメの美容食材です。

しかも、白美茸に含まれる多糖体は圧倒的な保湿力を持ち、

コスメの原料としても注目されています。

f:id:tryaging:20180901161650j:plain
f:id:tryaging:20180901161654j:plain
乾燥した状態の白美茸を戻して、パイナップルと炒めてみました。あっさり美味!コリコリ食感が後を引きます

秋は肌の乾燥に気づくとき。乾燥によるくすみ対策に『白美茸』の保湿力を顔に、ボディに。

 この白美茸エキスを配合し、スフレのように軽やかで全身使えるように仕上げたのが

Douce et Jolieのうるおいツヤ肌クリームなのです。

f:id:tryaging:20180901161525j:plain

ふわっと軽やかなテクスチャー。

酷暑だった今年の夏、肌は乾燥してくすんでいませんか?

私はというと、顔はしっかり保湿に努めていたのですが

手の乾燥や足の甲が角質肥厚していました…汗

そこへスフレのような軽いテクスチャーの

このクリームを塗ると、てきめんにしっとり❤️

みずみずしいつややかさを与えてくれるんです。

 

そしてアルコールフリー、合成着色料フリー、パラベンフリーと

3つのフリーを実現。

 

顔にも身体にも使える、家族で使える、季節を問わず使える、

唐津発のご当地コスメです。

 

白美茸うるおいつや肌クリームは

こちらから購入することができます。

www.karatsustyle.com

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへにほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

次の注目素材は佐賀から!?「さがフード&コスメラボ」セミナーを受講してきました!

f:id:tryaging:20180813170057j:plain

尋常ではない暑さも、お盆を過ぎた頃から

和らいできたように思います。

夏バテで食欲が落ちたり、エアコンによる乾燥で肌が乾いていませんか?

 

さて、7月末になりますが、

佐賀市で開催された「さがフード&コスメラボ」セミナーに

行ってまいりました。

豊かな農林水産資源を有する佐賀県

県や大学の研究施設で、その資源を健康に役立てるための

研究が盛んなのです。

 

さがフード&コスメラボは、さが機能性・健康食品開発拠点として

大学とのマッチングや研究開発・加工支援や

商品化支援などを行っています。

 

このセミナーは、さがフード&コスメラボと

ジャパン・コスメティックセンターとの共催で、

〜地域素材から生まれる健康と美〜をテーマに

3名の講師の方を招聘して開催されました。

f:id:tryaging:20180813171923j:plain

トクホも機能性表示食品も、毎日の健康に役立てるための食品。

最初は、一般社団法人健康食品産業協議会事務局長・

小田嶋文彦氏の機能性表示食品についての講演でした。

もともと「健康食品」はあくまでも食品であり、

効果効能を謳うことは出来ません。

しかし、1984年に始まった国の研究により食品が健康に役立つことが解明されました。

そして総理大臣の許可を受けて保健機能を表示できる『特定保健用食品(トクホ)」

国が定める規格基準に従えば栄養成分の機能表示ができる「栄養機能食品」

企業の自己責任において機能性を表示できる「機能性表示食品」が誕生したのです。

 

機能性表示食品の大きな特色としては、生鮮食品でも機能性を表示できること。

毎日の食事の中で摂りたい成分を取れるのは、うれしい限りです。

健康食品分野への参入を考えている農業事業者にとっても

機能性表示食品は新たな可能性を広げてくれることでしょう。

 

ただ、特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品は

「これを飲んで(食べて)いたら不摂生をしていても構わない」というものではなく、

毎日の健康づくりに役立てるもの、栄養を補うもの。

「忙しくて足りていない栄養素があるな…」

そんな時に欲しい機能を持つ食品が、佐賀県から

生まれることを期待しています。

 

f:id:tryaging:20180813170108j:plain

 コスメの開発は「他にはない強み」をコンセプトに! 

 次の講演は、化粧品マーケティングコンサルティングを手がけていらっしゃる

株式会社ティアレ代表・冠典子氏による

地域素材を活かす化粧品開発とマーケティングのお話でした。

以前資生堂で商品開発・マーケティングに携わっていらっしゃったとのことで、

大ヒット商品(私も愛用していた商品です!)をいくつも開発されました。

独立後、手がけられた案件を紹介しながらおっしゃっていたのは

「他にはない」を盛り込んだコンセプト作り、

原料の良さだけではなく「ベネフィットの具体化」、

勝負できるクリエイティブ、

モニターやユーザーの声を活かしたマーケティング

などなど…。

特にコンセプトの出来栄えが重要との言葉が心に残りました。

ご当地コスメこそ、地域素材を活かす強いコンセプトが大事なのですね。

f:id:tryaging:20180813170130j:plain
f:id:tryaging:20180813170119j:plain
ジャパン・コスメティックセンターのパネルや地域素材のサンプルも展示されていました

 「美味しい」と感じて食べることは健康にも大切なことでした。

最後は、佐賀大学農学部生命機能科学科助教・光武進氏による

味覚を刺激して生活習慣病を予防する講演でした。

(なぜ味覚を刺激することが生活習慣病の予防になるのか

なんとも不思議なタイトル…と思いました💦)

  

人間が感じる味覚に、甘味、うま味、苦味、塩味、酸味があり、

最近、脂味も見つかったそうです。

私たちが食べ物を食べて美味しいと感じるのは、

舌に味を感じる仕組み(味覚受容体)があるから。

身体に必要なものを見分けて取り込んだり取り込まなかったりするのが

味覚受容体の役割なのだそうです。

 

もともと生物は進化の過程で高カロリーのものを摂取して生き延びてきました。

生物、人間の歴史において、飢餓に耐える時代の方が長かったのです。

飽食はこれまでに生物が経験したことのないストレスなのです。

しかし昔の日本の副食は貧しかったのに、

カロリーが豊富とは言えないものも労力を惜しまずに作ってきました。

 

実は、脂を取ることによって「もう食べなくても良い」という

脳のフィードバックシステムが働き、過食を抑えることができるのだそうです。

脂肪酸以外の食品成分、味噌などの発酵食品に含まれる非栄養成分にも

エネルギー摂取を抑える効果があるのだそうです。

 

食品に含まれる非栄養成分が「美味しい」と舌の味覚センサーに作用して、

生体恒常性の維持(メタボリックシンドロームの予防)に働く。

先人たちは、雑多な非栄養成分と共に上手に味覚を刺激しながら

健康的な食生活を送ってきたのではないか、との結論に至るのです。 

つまり、美味しいと感じて食べることこそが、健康に役立つのですね。

(不思議なタイトルの謎がとけてスッキリ!✨💡)

 

ものすごくざっくりとまとめてしまいましたが

大変興味深いお話でした。

確かに栄養だけを満たして「美味しい」と感じられない食べ物では

「口直し」と称して別のものを食べてしまったり、

満足感が得られずに食べ過ぎてしまったり、ということがよくあります。

佐賀県・九州は全国的にも名高い味覚の宝庫です。

受け継がれてきた味、新たに生み出された味を

バランスよくしっかりと味わって健康に役立てたい。

また、多くの方の健康にも役立ててほしいと思いました。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへにほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング