tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

災害時の備えにあると良いもの。

f:id:tryaging:20170917170450j:plain

秋の3連休というのに大型の台風18号の影響で、

九州・福岡は交通機関の運休や商業施設の休館の知らせが相次ぎました。

しかも日本縦断のルートを辿るという情報に

心が痛みます。

被害の少ないことを切に祈ります。

 

さて、

被災してしまった時のために、

飲用水、救急用品や非常食を準備されている方も

いらっしゃると思います。

その中に、サプリメントも加えることをお勧めします。

 

被災時、食料の配給があっても

栄養が偏る懸念があります。

特に野菜や果物を摂るのが難しくなるのです。

 

不足するビタミン類を補うために、

マルチビタミンなどのサプリメントなら補助的ではありますが

手軽に補給できます。青汁もおすすめ。

もし、いつも飲んでいるサプリメントがあれば

小分けして、それを非常用袋に加えてもいいですね。

 

そしてローリングストックとして、2〜3ヶ月ごとに

新しいものに入れ替えたら、

古いものは賞味期限が切れる前に

飲みきってしまいましょう。

 

私は昔、健康食品の会社に勤めていたことがあり、

多くのお客様がサプリメントを支えにされているのを

リアルに感じてきました。

 

毎日の生活にはもちろんですが、

栄養が十分に取れない災害時こそ

サプリメントを活用してほしいと思うのです。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

鳴門の海に育まれたわかめの成分でしっとり!オールインワンクリームとプレローション。

f:id:tryaging:20170912182948j:plain

↑アルガス プレローションとオールインワンクリーム

エステでするような海藻のパックがお家で手軽にできたら…そんな思いが叶う、海洋美容成分配合コスメです。 

キラリと光る日本各地のご当地コスメを

探し求める『コスメ風土記』。

今回は初めて九州を離れ、

四国・鳴門生まれの

海の恵みを活かしたコスメ

アルガス オールインワンクリームと

プレローションをご紹介させていただきます。

 

さて、9月になると日中は暑い日もあるけれど

だんだん夜の気温も湿度も下がってきて、

肌が乾燥しはじめている頃です。

となると、欲しくなるのは保湿力のあるスキンケア!

f:id:tryaging:20170913142117j:plain

↑アルガスの商品パンフレットです

 

古くから人間は、海水や海藻、海泥など

海の恵みに秘められたパワーを伝承的に活用してきました。

中でもミネラルを豊富に含む海藻や海水は

エステティックの施術メニューに取り入れられ、

うるおいや引き締めなどの美肌への働きを実感された方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

鳴門市にてわかめ・メカブの生産から加工まで一貫して行っている

阿波市場さんは、創業時よりわかめの有用成分の研究開発に取り組んできました。

わかめ特有のぬるぬる成分はフコイダンと言われ、

健康への働きが注目されていますが、

美容成分としても優れた保湿力を持っています。

阿波市場さんは徳島県鳴門産のメカブから抽出した

低分子化フコイダンエキスをコスメに応用しています。

また、基剤となる水にミネラルを含む海洋深層水

使っているのもとてもユニーク。

他にもエイジングケア成分として紅藻エキス、

保湿成分としてサガラメエキスなど海洋成分が配合されています。

 

角質層へ海のミネラルを届けるプレローション。

f:id:tryaging:20170912183004j:plain

↑プレローションはさらりとした感触ながらもうるおい感が留まります

私たちの身体の中でも水分が少ないと言われる

角質層に着目し、開発されたのが『プレローション』です。

導入化粧水として、肌をほぐし、

オールインワンクリームの機能をより発揮できるように

設計されています。

 

海の恵みを贅沢に。これ一つで数種のスキンケアコスメを使ったかのような肌実感を。

f:id:tryaging:20170913161652j:plain

しっとりしているのにベタつかない使用感のオールインワンクリーム。

オールインワンクリームはかなりとろみのあるテクスチャーで

つけ心地もさっぱり、正直物足りない印象だったのですが

馴染んだ後のうるおいはしっかりキープ。

ハリツヤ感にも満足。

日によって汗ばむこともある今の気候にはうってつけです。

冬、気温が低いときは重ね付けをしてもいいですね。

 

主要な美容成分として低分子フコイダンをはじめ、

低分子ヒアルロン酸、低分子コラーゲン、

そして肌のうるおい保持に欠かせない

グルコシルセラミドも配合されています。

 

私は夏から使い続け、エアコンの乾燥した空気の中にいても

ダメージを感じず、今、肌はいたって健やかです。

 

このふたつのアイテムはともに

合成着色料・香料不使用。

深緑のパッケージデザインは

男性にも抵抗なく使えそうですね。

パラベンフリーで、

石油由来の合成乳化剤も不使用です。

 

鳴門の海の恵みの美容成分に着目したスキンケア・

アルガス プレローション、オールインワンクリームは

こちらで購入することができます。

algas.jp

algas.jp

 

にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
 

お米と麹の発酵パワーで健やかな美肌に!今注目の酒粕石けんは、玄海町の美しい棚田生まれ。

f:id:tryaging:20170902203519j:plain

玄界灘に面した棚田から取れる良質のお米でつくる日本酒。その酒粕と日本酒も練りこんだ贅沢な酒粕石けんです。

 前回のブログでもご紹介しましたが、椿油石けんTSUBAKI SAVONで

「ジャパンメイド・ビューティ アワード」優秀賞を受賞された

松尾聡子さんは、もうひとつ石けんをプロデュースされています。

それがこの酒粕石けん『米白(こはく)』です。

この石けんもまた、松尾さんの郷土への想いと商品開発のセンス、

女性としての視点が盛り込まれています。

この酒粕石けんのルーツは、日本の棚田百選にも選ばれた

「浜野浦の棚田」。

玄界灘に面していることから温暖な対馬海流の影響を受け、

日中と夜間の気温差によって

お米が甘みを増すのだそうです。

そしてこのお米から生まれたのが

玄海町の銘酒「音音(ねおん)」です。

もろみを搾る際にできる酒粕を使い、

しかも音音も練りこんで、

美肌パワーあふれる贅沢な洗顔石けんが誕生しました。

f:id:tryaging:20170902203135j:plain

リーフレットには美しい浜野浦の棚田が。

 

美肌成分たっぷりの酒粕を丁寧にペーストして練りこみ、火を使わないコールドプロセス製法で、酒粕の良さを最大限に活かしました。

f:id:tryaging:20170624221445j:plain

f:id:tryaging:20170902212021j:plain

↑香料や着色料、増粘剤、防腐剤は一切使用していません。ポツポツと見える茶色い点は酒粕の糖分。これもしっとりの秘密。

 

日本酒造りに携わる杜氏の方の手が美しいと言われるように、

酒粕には美白や保湿など多くの美肌パワーが秘められています。

松尾さんのこだわりは、この酒粕の美容成分を活かすために

火を使わない昔ながらのコールドプロセス製法にしたこと。

そして酒粕を練り込む際に徹底的にペーストして、

肌を傷つけないように酒粕の粒子を細かくしています。

f:id:tryaging:20170828170438j:plain

ほんのり酒粕の甘い香りも魅力。

モコモコの泡は、とっても優しいのにメイクも落とせます。

そして肌に必要なうるおいはしっかりキープ。

 

ちょうど、夏から秋にかけては日焼けによるダメージを感じる頃。

古い角質が溜まって、くすみが気になってきますが

私は使っていくうちに洗い上がりの肌の明るさを実感できました。

年齢を重ねると、肌への刺激は避けたいもの。

ゴマージュやスクラブに頼らず、

洗顔でケアしたい、そんな時にチョイスしたい酒粕石けんです。

 

こちらで購入することができます。

www.shokokai.or.jp

 

にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

9月の始まりに、うれしいニュースが飛び込んできました!

 

f:id:tryaging:20170901115626j:plain

TSUBAKI SAVONが『ジャパンメイド・ビューティ アワード』で『優秀賞』を獲得!

先日、このブログで紹介させていただいた

グラフィックデザイナーの松尾聡子さんが開発した

加唐島の椿油石けんTSUBAKI SAVON(つばきさぼん)が、

『ジャパンメイド・ビューティ アワード』にて優秀賞を受賞しました。

このコンテストは、日本各地の優れた美容健康商材を集めアワードを決めるものです。

審査員は日本の美容業界に影響力を持つキーパーソンや

店舗チャネルの現役バイヤーなどで構成され、

「最も仕入れたいアイテム」「地域の魅力を発揮している」を

基準に審査されます。

厳しい審査を勝ち抜いて選ばれたTSUBAKI SAVONが、

全国のショップに登場する大きな足がかりになりますね。

待ちきれない方は、こちらで購入することができますよ。

www.shokokai.or.jp

 

さらに、

ぷるぷるまんまるの白きくらげ石けん・白美の雫洗顔石けんが『審査委員賞』を獲得!

こちらも当ブログで6月にご紹介させていただいた、

希少な白きくらげを栽培されている

農業法人グレイスファームが開発した「白美の雫 洗顔石けん」が

審査委員賞を受賞!

これは白きくらげのうるおい成分をたっぷり閉じ込めた

ぷるぷるまんまるの形状がインパクトありましたね。

@コスメにも取り上げられています。

すでに雑誌などでも取り上げられています。

購入はこちらから。

hakubi.shop

 

私にとっても、大変うれしい9月の始まりとなりました。

これからも、その風土から生まれる優れたご当地コスメを

ご紹介してまいります。

 

にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

愛していても、さよならする時。

f:id:tryaging:20170828174050j:plain

別れる時を見極めましょう…コスメにも。

コスメには、使用期限の記載があるものとないものがあります。

お手持ちの未開封のコスメで、使用期限の記載があるものは、

それまでに使い切ってしまいましょう。

使用期限の記載のないコスメは、3年となっています。

ただし、これらは未開封の場合。

開封済みのコスメは、記載のあるなしに関わらず

1年以内にできるだけ早く使い切ることがベスト。

それは、開封し使用することで、

空気中の雑菌や二次汚染による品質低下が

懸念されるからなのです。

 

コスメは品質の劣化を防ぐため、

高温多湿・温度の変化・直射日光の当たる場所を避けての

保管が推奨されていますが、

今年のような猛暑の夏、

ご愛用のコスメが変質していないか

匂いや濁り、色などを見て

少しでも不安があれば買い替えをおすすめします。

 

にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村

知らぬ間に秋は来にけりお肌にも。

f:id:tryaging:20170818113739j:plain

夏の終わりは、肌のダメージを実感する時季。

お盆も過ぎ、九州は相変わらず猛暑で汗だくの8月後半。

 

女は夏に老けると言われますが、

鏡に向かうと、これまで浴びて来た紫外線や汗・暑さのストレスで

肌がいかにダメージを受けて来たかを実感させられます。

 

とりわけ気になる悩みがシミとくすみ。

 

シミには美白コスメですが、こすりすぎは禁物。

肌への刺激によりメラニンの合成を高めてしまいます。

洗顔もスキンケアもソフトタッチで行いたいもの。

 

くすみにはいくつか原因がありますが、

乾燥によるくすみ(透明感がない)であれば保湿ケアを。

セラミドヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分が含まれた

コスメがオススメです。

また、内側からのケアとして

ビタミンC(パプリカ・トマト等)を

豊富に含む食材を摂ることも推奨されています。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村

良きものは故郷にある。唐津・加唐島でとれる椿油から生まれた石けん。

f:id:tryaging:20170805115608j:plain

一人の女性の想いから始まった加唐島椿油の石けん開発。

自身が使うボディオイルはできるだけオーガニックのものを選んでいた、

唐津市出身のグラフィックデザイナー・松尾聡子さん。

さまざまなボディオイルを購入しては試し、調べているうちに

地元・唐津呼子湾の沖合いに位置する加唐島に、

農薬不使用の椿からとれる椿油があることを知りました。

島に自生する椿の木から、ひとつずつ実を採取し、搾油、ろ過、瓶詰め、販売まで

島の方の手で行われており、その椿油は食用としても使える高品質なもの。

「こんなに良いものなのに、なぜもっと活かさないの?」

松尾さんは、この良質な加唐島の椿油地域資源として活かしたい、

島民の方々と一緒に全国・世界へもブランドとして発信できないだろうか

という想いで椿油の石けん開発に着手したのだそうです。

f:id:tryaging:20170805145237j:plain素朴な白い石けんには椿油のパワーがたっぷり!

石けんは、油脂や脂肪酸アルカリ性物質で反応させて製造します。

だから用いられる油脂や脂肪酸が、石けんの特長に関わってくるのです。

 椿油は古くから美容に用いられ、肌になじみやすいオレイン酸

抗酸化力を持つビタミンEなどを豊富に含んでいます。

さらに加唐島の椿油は、

手間ひまのかかるコールドプレス(非加熱圧搾製法)で

搾られたとても希少なもの。

その椿油を35%も配合することにより、もっちりとした泡と高い保湿力の

お肌にやさしい石けんが誕生したのです。 

f:id:tryaging:20170805115639j:plain

 ↑これはTSUBAKI SAVONのお試しサイズ。

品質安定剤や合成色素、合成香料などを添加していない飾り気のない石けんです。

 

f:id:tryaging:20170805115726j:plain

↑キメの細かい濃密な泡!肌をほわっと包みます。

 

メイクも落とせて、肌にやさしい。女性目線が反映された石けんです。

f:id:tryaging:20170805115742j:plain

弾力あるもっちり泡は、なんとメイクも落とせるんです!

洗い上がりは、つっぱった感じがせずしっとり。

敏感肌にも使えるのはうれしい限り。赤ちゃん、ママにもオススメです。

 

松尾さんの女性としての目線、グラフィックデザイナーとしてのセンス、

そしてひとりの人間としての故郷への想いがカタチになった石けん

TSUBAKI SAVON(つばきさぼん)」。

消費することが地域活性化にもつながる、 

使う人の生き方をも美しくするご当地コスメです。

 

こちらで購入することができます。

www.shokokai.or

にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村