tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

『美容」と『化粧』の歴史をひもとく。

『化粧』は罪か、特権か?古代社会のコスメ事情。

 


(c) .foto project

 

私がコスメについて学んだ日本化粧品検定のテキストには、

化粧品の歴史についてのページがありました。

いつ頃から化粧をするようになったのか、

どのようなものを化粧品として使っていたのか

世界と日本との歴史を比較しながら学びました。

 

もともと歴史好きの私としては、

もっと掘り下げたいテーマです。

今回は、世界の化粧の始まりについてご紹介させていただきます。

 

古代ユダヤ社会で化粧することは罪、古代エジプトでは高貴な階級の特権。

 

旧約聖書の古代ユダヤ人に化粧を教えたのは、反逆の天使アザゼルなのだそう。

美しく装うことへの悪魔的な魅力を示唆しています。

 

しかし古代エジプトでは、化粧は神官や貴族など高貴な人々の特権になります。

大切な儀式のために用いる化粧には、象徴的な意味が込められていました。

さらにアイラインは目のトラブルを予防するなど、

古代エジプト人の化粧には医学的な効用もあったと考えられています。

 

『化粧法』VS『美容法』。それは今を生きる私たちにも通じるテーマ。

調和のとれた自然美を重んじる古代ギリシャでは、

化粧は自然の美に反する罪を犯すものとされていました。

しかし時代が進むにつれて、

古代ギリシャの女性たちの間にも化粧が広まっていきます。

ギリシャ語の『化粧法』は身を飾るもの、

『美容法』は、身支度や衛生法、病気の予防法まで意味し、

はっきりと区別されていたそうです。

美しく装うメイクに力を注ぐべきか

はたまたその土台となるケアが大事なのか、

なんだか現代にも通じるものがありますね。

f:id:tryaging:20171124183803j:plain

振り返って、今を生きる私たちにとって、

化粧することは大切な身だしなみであり、

心を高揚させ、前向きに生きるために必要不可欠なもの。

こうありたいと思う自分を叶えてくれる、

もっとも身近な手段でもあります。

 

時代背景や社会的な役割など、化粧を禁じられても

美しくなることへの情熱を失わなかった

古代の女性たち。


(c) .foto project

時代ごとに美意識は変わり移ろいますが、

連綿と受け継がれてきた美の歴史は、

きっと、女性の夢や意欲を

投影するものでもあったのでしょう。

 

思った以上に興味深かったコスメの歴史。

これからも好奇心の赴くまま、

コスメと時代の関係を探ってまいります。

 

※参考文献:ドミニク・パケ著 石井美樹子監修『美女の歴史ー美容術と化粧術の5000年史』創元社より

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村

やみつきになる、ふわふわモコモコの泡立ち。唐津の老舗豆腐店の豆乳を使った石けん。

「飲んで美味しい豆乳で、お肌にいい石けんを」。唐津の地で、カフェを営む女性がつくった豆乳石けん。

f:id:tryaging:20171117122502j:plain

創業寛政年間の川島豆腐店さんといえば、ざる豆腐発祥の店として全国的にも有名です。その豆乳を石けんに

いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のコスメ風土記は、唐津生まれの豆乳石けんを

ご紹介させていただきます。

久しぶりに唐津へと足を伸ばし、この石けんを開発された

まえだしんこさんにお話をうかがってきました。

f:id:tryaging:20171117122446j:plain
f:id:tryaging:20171117122450j:plain
ざる豆腐がそのまま石けんに?まえださんのひらめきから生まれた豆乳石けん

 

「この石けんは、唐津の新しいお土産にと考えたものなんです」 

と語るまえだしんこさんは、

唐津駅にほど近いカフェ・ルーナさんのオーナー。

唐津の川島豆腐店さんの豆乳がすごく美味しいんです。

これで石けんをつくったら、きっと肌にもいいだろうなと思って」。

それが開発のきっかけだったそうです。

 

実は、自分で使う石けんは決まったものがなかったと、

まえださん。

「だからせっかくつくるからには、ちゃんとしたもの、

いいものをつくりたい。

自分が使いたい!と思えるものを目指しました。

原料の豆乳は発酵液に変換させて、

試験に出したり、

何度も試作を重ねたりして…。

構想から1年半かけて、やっと納得のいく

豆乳石けんが完成しました」。

f:id:tryaging:20171117122500j:plain

大豆にはイソフラボンサポニンレシチン、ペプチド、ビタミンEやトリプトファンなどの栄養が豊富。豆乳の原料である大豆は厳選された九州産のもの

 

ネットで泡を立てるとホイップクリームのような泡がこんもり。肌をやさしく包んで洗いあげます。

f:id:tryaging:20171117122453j:plain

ピンとつのが立つほど濃厚なもっちり泡。すっきりしっとりの洗い上がりです

特にまえださんがこだわったのは、石けんの命とも言える泡立ち。

「肌のために、しっかり泡立てて欲しいので、ネットもつけました。

満足できる豆乳石けんに仕上がったと思います」。

 

また、豆乳の他にもツバキ種子油やパパイン酵素など

美肌にうれしい成分を配合。

肌のキメを崩さず、うるおいを残したまま

汚れや余分な皮脂を落としてくれます。

 

この豆乳石けんは、唐津を訪れる外国人のお客様にも

好評なのだそうです。

唐津名物のざる豆腐から着想し、

新たな唐津名物として誕生した豆乳石けん。

その素晴らしさは、

笑顔で話してくださったまえださんのツヤツヤ美肌が

証明しているかのようでした。

 

 

豆乳石けんは、ルーナさんのお店にて

購入することができます。

 ピラティス教室や、ライブなどのイベントも開催されています。

caffe Luna|MONODUKI

 

 

f:id:tryaging:20171117122624j:plain
f:id:tryaging:20171117122456j:plain
ルーナさんのコンセプトは「女性が一人でも入れる店」。昼はランチ、夜はディナー、バーとしても楽しめるお店です。訪れた日は、ピタサンドと赤ワインをいただきました。美味しかったです♪


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村

秋冬こそ大事な紫外線ケア。彩の国・埼玉の『いろどり繭』のシルクエキスで、サラサラ馴染む日焼け止め。

f:id:tryaging:20171111111608j:plain

埼玉県のコスメファームさんのいろどり繭と、ハーチュリー マイルドサンスクリーン

f:id:tryaging:20171111111657j:plain

埼玉県秩父地方でしかとれない希少な繭〝いろどり〟。淡いレモン色はポリフェノールが豊富な証

淡いレモン色の埼玉県ブランド繭〝いろどり〟。ポリフェノールが豊富で、保湿や紫外線吸収など優れた特長を持っています。

日本各地、キラリと光るご当地コスメをご紹介する『コスメ風土記』。

今回は9月に訪れた埼玉県から、

コスメファームさんのハーチュリー マイルドサンスクリーンと

まゆ玉をご紹介させていただきます。

 

シルク繊維は人の肌に近いタンパク質でできていることから

肌にやさしく、なめらかでつややか。

そんな絹糸産業に従事する人々の手も、すべすべして美しいことが

昔から知られてきました。

 

 

通常、シルクのもととなる繭は白い色ですが

埼玉県のコスメファームさんが原料としているのは

淡いレモン色のさいたまブランド繭〝いろどり〟。

昔から養蚕が盛んな埼玉の地で、

オリジナルの蚕品種として育成されているものです。

レモン色の秘密は、繭に多く含まれている

フラボノイド色素のポリフェノールにあります。

 

このいろどり繭の美容パワーを活用するために

財団法人大日本蚕糸会 蚕糸科学研究所と

埼玉県農林部農林総合研究センターとの

3年間にわたる共同研究の成果で誕生したのが

コスメファームさんのハーチュリー化粧品シリーズなのです。

 

コスメファームさんは

生繭の調達から抽出までの全ての工程を自社で行い、

化学工業薬品を一切使用せず

熱水によりいろどり繭シルクセリシンを抽出します。

そのため、いろどり繭の持つポリフェノールなどの

有用な美容成分が含まれています。

 

シルクセリシンは

肌の天然保湿因子・NMFの組成に似ていることから

優れた保湿性を持っていて、しかも艶やかでシルキーな

感触を生み出してくれます。

 

また、ビタミンCとのテストでも同等以上の力を発揮し、

肌トラブルを招く紫外線UV-A、UV-Bの波長を吸収するなど、

高い美容パワーを持っているのだそうです。

 

 

油断しがちな秋冬の紫外線ケアに、シルクならではのさらりと軽やかな使い心地。

f:id:tryaging:20171111111627j:plain
f:id:tryaging:20171111132943j:plain
ほとんど粘度のないサラサラ感触のサンスクリーンです。ノンケミカルで、化粧下地にも◎。SPF30 PA++

夏と違って日差しも柔らかな秋冬は、紫外線も油断してしまいがちです。

しかし、生活紫外線と呼ばれるUV-Aの量は

冬でも多い時期の2分の1から3分の1あり、

大きな肌ダメージの原因になることから

年間を通して切れ間のない対策が必要です。

 

ハーチュリー マイルドサンスクリーンを使ってみた感想は、

なんといってもシルク特有のサラサラとした使い心地と

皮膜感・刺激のないやさしい感触。

肌馴染みが良いので重ね付けしても重くなりません。

毎日の紫外線ケアにぴったりだと思いました。

塗りのばすと肌のトーンが少しだけ明るくなるので、

化粧下地としても使えるのがうれしいところです。

 

まゆ玉は水に濡らし柔らかくして、小鼻のざらつきをオフ!

f:id:tryaging:20171111111719j:plain

結構硬いので、水にしっかり濡らしてもみ込み、柔らかくして使います

小鼻には、普段の洗顔で落としきれない皮脂やメイクの残りが溜まりがちです。

入浴後や蒸しタオルで顔を温めた後などに、

水に濡らして柔らかくしたまゆ玉で

小鼻をくるくるやさしくこすってみました。

皮脂やメイク汚れを絡め取って、ざらつきが取れ、

ツルツルした肌ざわりが実感できました!

 

やりすぎは禁物なので、週に1〜2回ほどにしていますが、

徐々に毛穴詰まりが目立たなくなっているのを実感しています。

また、このまゆ玉に添えられていたリーフレットには

お風呂に入れる、煮出してシルクローションをつくるなどの

まゆ玉の活用法が記されてありました。

いろんな使い方を試せるのも楽しいですね。

f:id:tryaging:20171111111450j:plain

初めて注文させていただきましたが、化粧水や美容液、ゲル、ファンデーション、オイルエッセンスなどのサンプルをプレゼントしてくださいました

いろどり繭の美容パワーを十分に活かした

ハーチュリーシリーズのコスメは、サンスクリーン以外にも

化粧水や美容液、ゲル(美容クリーム)、洗顔フォーム、

ファンデーション、オイルエッセンスと

多彩に揃っています。

コスメファームの代表取締役である潮田さんは

絶滅危惧種である純日本産の繭から生まれた絹製品を

ご利用、普及いただきますようお願いいたします」

と言葉を寄せてくださいました。

 

かつて日本の産業の大きな柱であり、

太古の昔から人間の暮らしを助けてきた蚕と

蚕がつくりだす繭、そしてシルクの素晴らしい力。

私も、コスメという形で多くの方々に

実感していただきたいと強く思いました。

 

ハーチュリーマイルドサンスクリーン、まゆ玉は

こちらから購入することができます。

cosmefarm.com

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村

今、脚光を浴びる「美容オイル」について学んできました!

f:id:tryaging:20171030234746j:plain

セミナーではさまざまなオイルに触れて、その特徴をじかに感じました

福岡で開催されたコスメを読み解くセミナー。テーマは美容オイル!

日本化粧品検定協会では、コスメの成分表示を読む力を身につけるためなど、

各種セミナーが開催されています。

先日、私は美容オイルを読み解くセミナーに参加してまいりました。

f:id:tryaging:20171030234643j:plain

日本化粧品検定協会だからこそ学べる、充実のセミナーです

ヘアケアから、スキンケア、メイクまで、オイルの需要は拡大中。

セミナーのプロローグでは、オイルそのもののブームの変遷と、

コスメにおけるオイルのトレンドのお話がありました。

今は、植物オイルをメインに訴求している商品が

続々と発売されています。

消費者の植物志向の流れと、

オイルそのものの持つうるおいに蓋をする働き、

髪や肌の仕上がりのツヤブームなど、

コスメ業界でオイルの重要性が高まっていることを感じます。

f:id:tryaging:20171030234813j:plain

同じ〝オイル〟でも構造により性質が異なります

一口にオイルと言っても、その由来や構造により、性状や働きなどが異なってきます。

手に取るとサラサラしたもの、つるつるの手触りをもたらすもの、

逆にリッチな感触のもの、粘りのあるものなど、

本当にさまざま。

この違いをうまく利用して

消費者の求める商品につくりあげているのですね。

また、植物オイルのトレンドのお話や、

実際のオイル商品をじかに触ってその違いを確かめることもでき、

テキストだけでは感じることのできない

美容オイルの良さを学ぶことができました。

 

専門用語や化学式なども出てきて

化学に疎い私にはかなりハイレベルなセミナーでしたが 

難しいだけでなく面白さ・楽しさも詰まった

ひとときでした。

f:id:tryaging:20171030234856j:plain

講師の日本化粧品検定協会顧問であり、コスメティックレシピクリエーターの白野実先生と、日本化粧品検定協会のキャラクター・ここちゃんと記念撮影
f:id:tryaging:20171030234918j:plain
f:id:tryaging:20171030235409j:plain
f:id:tryaging:20171030234948j:plain
f:id:tryaging:20171030235626j:plain
coyoriさんの美容液オイル、ELEMISさんのスーパーフードフェイシャルオイル、L'OCCITANEさんの美容オイル、pdcさんのアンサー オイル美容液。協賛品でいただきました

九州福岡山口広島コスメコンシェルジュの会(仮)初会合で、これからのキャリアについて語り合いました。

f:id:tryaging:20171030235145j:plain

コスメコンシェルジュバッジとスカーフ

私は、今年2月の九州で行われた

コスメコンシェルジュ資格取得の際に知り合ったお仲間の方と、

Facebookの「九州福岡山口広島コスメコンシェルジュの会(仮)」に

参加しています。

セミナーの後は、初めてその会の会合もありました。

会を立ち上げてくださった竹本さんは、

女性ならではの美意識とマーケティングの感性が光る

グラフィックデザイナーとしてご活躍中。

木村さんは、福岡の大手通販化粧品会社に勤務され、

実店舗のオープン立ち上げとその運営を統括されていたキャリアがあります。

私はコピーライターとして、化粧品会社や健康食品会社の

会報誌を中心に活動しています。

 

それぞれ職種は違えど、

コスメを軸に、仕事をすることで社会と関わっていきたい、

自分を高めたいという共通の願いがあります。

これまで築いてきたキャリアに、

このコスメコンシェルジュ資格をどう活かしていくかで話は弾み、

お仲間の存在に大きな力をもらった1日でした。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
 

今の自分に合ったクレンジングを選ぶこと。

f:id:tryaging:20171022160137p:plain

左上:クレンジングオイル、左下:クレンジングミルク、右上クレンジングジェル、右下クレンジングクリーム

コールドクリームが苦手な私に、水で流せるクレンジングクリームは画期的な存在でした。

私がメイクアップを習ったのは高校卒業時に開催された、

メイクセミナー。

同級生の女友達と連れ立って行きました。

ベースからファンデーョン、チーク、アイシャドウ、

口紅と一通りのメイクアップ。

それを落とす手段はおそらくコールドクリームしかなかった頃でした。

オイリーなクリームをこってり塗られ、くるくるなじませて

ティッシュでオフ。その後拭き取り化粧水で

顔中のコールドクリームを拭き取ります。

このオイリーな感触と拭き取る手間が、当時の私にとっては苦手でした。

しかし、アブラを落とすのは、アブラ。

ファンデーションなどの油性成分は

油性のクリームで浮かせて落とすものなのです。

だから、コールドクリームでありながら

水で洗い流せる商品が発売された時はとても驚いたのを覚えています。

 

多種多様なクレンジングコスメの中から、自分に合ったクレンジングを見極める。

現在は技術の向上から、本当に多種多様な

クレンジングコスメが誕生しています。

たとえばクレンジングオイル。

夏場のウォータープルーフメイクなどを落とすときに

強い洗浄力を発揮してくれます。

 

普段のメイクなら、洗浄力は弱めですがさっぱりした洗い上がりの

クレンジングミルクかクレンジングジェルを。

 

旅行など手軽にメイクを落としたい時、

あるいは夜遅くてメイクを落とすのが億劫な時は、

シートタイプのクレンジングが断然手軽で便利です。

 

ただクレンジングオイルは洗浄力が強いだけに、

年齢を重ねた肌にとっては必要な皮脂も奪い取ってしまうことも。

シートタイプは拭き取り時の摩擦が肌に負担をかける懸念があります。

ウォータープルーフのメイクをクレンジングミルクやクレンジングジェルで

落とそうとして、必要以上に肌をこすって刺激してしまい、

肌荒れの原因に繋がることもあるでしょう。

 

だからこそ、クレンジングは使い分けが大事。

様々なタイプの中から、季節や場合によって

今の自分に適したクレンジングを選ぶのが

ベストなのだという考えに行き着きました。

 

若い頃は苦手だったコールドクリームも、

今の年齢だとオイル成分がやさしくメイクを浮かせ、

メイクを落とした後もしっとり良好な肌を保てます。

数十年経ってやっとコールドクリームでの

クレンジンクの良さに気づいたというわけです。

 

これからどんどん空気が乾燥してきます。

健やかな肌を保つために、ぜひ今のクレンジングを

見直してみませんか。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村

このしっとりはミルクのやさしさ。チーズづくりの工程で生まれる「ホエイ」の力でうるおうクリーム。

f:id:tryaging:20171012164547j:plain

牛たちがのんびり暮らす牧場から、美味しいミルクとチーズとスキンケアコスメ。

今回の「コスメ風土記」は、兵庫県神戸市のコスメをご紹介します。

 

港町・神戸の眺望スポットとして知られる六甲の北側

標高400メートルの場所に、弓削牧場さんがあります。

搾りたての風味をそのまま味わえる低温殺菌ノンホモ牛乳

その牛乳からつくるカマンベールなどのチーズなどを製造されています。

そしてチーズをつくる際の副産物「ホエイ」を活かした

スキンケアコスメも販売されています。

f:id:tryaging:20171012175516j:plain

商品とともに牧場のリーフレットも送ってくださいました。酪農の他に自家農園で野菜やハーブ・果樹の生産や、みつばちの巣箱の設置など持続可能な酪農を目指されています

チーズづくりの副産物「ホエイ」に秘められた、豊富な栄養と保湿力。

チーズづくりの過程でできる「ホエイ」。

牛乳から乳脂肪分やカゼインを分離させた上澄み液のことですが、

スポーツをされる方ならホエイプロテインとしてご存知かもしれません。

ラクトアルブミンラクトフェリンなどのタンパク質や

水溶性ビタミン、カルシウムなどを含み、しかも低脂肪。

高栄養でありながらカロリーは控えめという、

アスリートにうれしい素材です。

 

その「ホエイ」、実はコスメの原材料としても優れていました!

 

皮膚のうるおいを保つのは

皮脂、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質。

しかし加齢やターンオーバーの乱れなどで

皮脂や細胞間脂質が失われると、

NMF(天然保湿因子)が流出し水分が蒸散するため、

肌が乾燥してしまいます。

 

牛乳生まれのホエイの成分はNMF(天然保湿因子)に近い

保湿作用があリます。

だからホエイの保湿力を活かしたスキンケアは

理にかなったものなのですね。

f:id:tryaging:20171012181118j:plain

弓削牧場さんのトレードマークは、3人の子どもたち。もちろんこのホエイクリームにも

f:id:tryaging:20171012181151j:plain

心を癒す、ほのかな香り。バッグなどに入れて持ち運びしやすいチューブタイプです

f:id:tryaging:20171012181221j:plain

新鮮なホエイに8種類のハーブを加えて保湿力アップ。さらりと馴染んで肌にしっとり、使いやすいクリームです

ホエイの恵みいっぱいのクリームで、この冬を健やかな肌で過ごす。

さらにホエイのもつ保湿力を最大限に引き出せるように

出来たての生のホエイをベースに有用成分を加え、

保湿力を向上させているのだそうです。

 

毎日のスキンケアにはもちろんのこと、

ちょっと贅沢ではありますが、ひじやひざなど

かさつきやすい部分のケアにもいいですね。

 

飾り気のないクリームだからこそ、

家族みんなのスキンケアにも使いたい…。

 

これから寒くなり空気も乾燥してきますが、

ホエイならではのやさしいうるおいに包まれて、

健やかな肌で過ごせそうです。

 

こちらで購入することができます。

www.yugefarm.com

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
 にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
 

肌の美しさ若々しさは、健やかさの上に成り立つもの。

f:id:tryaging:20171008121200j:plain

肌の土台は食べ物からつくる。スキンケアとともに内側からのケアを。

キレイと健康はひとつながり。

年齢を重ねるほどに、

いかにいい状態を保つかが大事だと思うようになりました。

 でも、それがなかなか難しいのです。

だからこそ、コスメによるスキンケアと同時に行いたいのが

内側からのケア。

肌の土台づくりのために

意識したい代表的な微量栄養素をご紹介します。

 

まず、季節の変わり目で、気になる肌の乾燥やかさつきには

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン。

 

シミやくすみには、抗酸化コンビのビタミンCとビタミンE。

またビタミンCは、肌にとって大切な

コラーゲンの生成を促してくれる働きもあります。

βカロテン、L-システインも摂りたい栄養素。

 

ニキビや肌荒れには、ビタミンB2とビタミンB6。

ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝を高め、血液循環を改善し、

発育を促進するといわれています。

ビタミンB6も、皮膚の新陳代謝を高め、抵抗力を強化し、

乾燥を防ぐといわれています。

 

栄養素の摂取は食事からが大前提ですが、

忙しい現代の生活では、食材を取り揃るのが難しかったり、

外食ではつい栄養バランスが偏ってしまったりと、

十分な量を補うには足りないことも。

また、カロリーはセーブして必要な栄養素だけを摂りたい、

というときにもサプリメントが心強い味方になります。

 

f:id:tryaging:20171004133348j:plain

サプリメントの形状もいろいろ。左上・カプセル状、左下・ソフトカプセル、右・糖衣錠

サプリメントの良さをしっかり活かすための飲用ポイント。

実はサプリメントを飲用する際にも

気をつけたいポイントがあります。

①飲用するときの水

浄水器を通して塩素を除去した水がおすすめ。

水道水に含まれる塩素がビタミンを破壊してしまいます。

 

②飲むタイミング

脂溶性ビタミン(ビタミンAやE)は食事中に飲用。

水溶性ビタミン(ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンC)は

最低でも3〜4時間程度間隔をあけて摂取するのが良いといわれ、

脂っこい食事の後は2時間控えた方がベストとされています。

せっかく摂る栄養素、その力を発揮できるようにしたいですね。

 

サプリメントを摂る際に気をつけたいのは過剰摂取です。

栄養素を単独で多量に摂取するよりも、

微量でも多種の栄養素をバランスよく摂れるサプリメント

または、いろいろな栄養素を含む自然素材のサプリメント

私はおすすめしたいと思います。

自分の今の身体・肌の状態を振り返り、

無理なく続けられるものをお選びください。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ スローコスメへ
にほんブログ村