tryaging’s diary

健やかなキレイのためにトライ!コスメコンシェルジュ山内有紀のブログです。

日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュ、ジャパン・コスメティックセンター会員。日本各地のキラリと光るご当地コスメをご紹介しています。使用についてはご自身の判断でお願いいたします。

サガンビューティーウイークエンドに行ってきました!

f:id:tryaging:20200208222507j:image

昨日は佐賀市の「サガンビューティーウイークエンド2020」に行ってきました!

 

これは佐賀県のコスメティック構想、佐賀市バイオマス産業都市構想の取り組みを佐賀県民の方に知ってもらうためのイベントです。

 

佐賀の美味しいもの、ヘルシーなもの、ビューティーに繋がる出店やミニセミナー、体験がいっぱいです。こ、これは福岡県民も知りたい〜!

f:id:tryaging:20200208223159j:imagef:id:tryaging:20200208224449j:image

 

f:id:tryaging:20200208223331j:image

美味しい豆乳ぜんざいをいただいたり

f:id:tryaging:20200208223229j:image

自然発酵乳酸菌について学んだり

f:id:tryaging:20200208223632j:image

もちろん、ご当地コスメも探ってきましたので

次回はそれをご紹介しますね!

 

今回はスマホから投稿してみました!

 いつもお読みいただき、ありがとうございます^^

にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村


メイク・コスメランキング

コスメの「タネ」を育む場所!JCCコスメ原料開発室を見学しました。

 

f:id:tryaging:20200106194338j:plain

 いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます!今回は、佐賀県唐津市にあるコスメの元を開発・研究している施設をご紹介します。実際に伺ったのは2018年でしたが、なかなか訪れる機会のないところでもありますので、書かせていただきますね。

 

 

佐賀大学農学部唐津キャンパス開放Day!

f:id:tryaging:20200106194351j:plain
f:id:tryaging:20200110174533j:plain
佐賀大学農学部付属アグリ創生教育研究センター唐津キャンパス

 ジャパン・コスメティックセンターは、 地元の植物などの素材をコスメに活かすための「コスメ原料開発室」を佐賀大学農学部附属アグリ創生教育研究センター唐津キャンパス内に持っています。年に一度、「唐津キャンパス開放Day」としてオープンキャンパスが開催されるのに併せ、このコスメ原料開発室も一般開放されます。

 普段、唐津キャンパスでは農産物の持つ健康機能やコスメに関連する研究が行われていますが、この日はこちらで育てた野菜の直売や実験室の見学などもあり、アットホームな雰囲気。家族で来られた方もいて、好奇心旺盛な子どもたちは、研究装置や実験体験に夢中でした。

f:id:tryaging:20200111160100j:plain
f:id:tryaging:20200111160109j:plain
f:id:tryaging:20200111160131j:plain
佐賀大学の公式マスコットキャラクター「カッチーくん」。みかんアイス風味の香りの調合体験してみました

利きアロマ体験にルームスプレーのワークショップも!

 コスメ原料開発室でも、ここならではのイベントが行われていました。6種類の精油の香りを嗅いで、どの原料から抽出されているかを当てる「利きアロマ」体験ゲーム。さがんルビーや温州みかんなどHana Marcheでも馴染みのある佐賀県の果実やハーブなのに、なかなか難しくて全問正解とはいきませんでした(><)

f:id:tryaging:20200110181458j:plain
f:id:tryaging:20200110181446j:plain
出題されたのは、唐津市玄海町佐賀県産のハーブや果実たち

 この地域でとれたホーリーバジルの蒸留水を使った、ルームスプレーもワクワク実験気分でつくりましたよ♫爽やかな香りで、心寛ぎます。

f:id:tryaging:20200110182702j:plain
f:id:tryaging:20200110182710j:plain

 精油と蒸留水抽出実演では、佐賀で生まれた国産初グレープフルーツ・さがんルビーの香りも楽しめました!

f:id:tryaging:20200111162108j:plain
f:id:tryaging:20200111162052j:plain
f:id:tryaging:20200111162212j:plain
さがんルビーの蒸留水と精油の抽出実演も。砂糖を入れたらジャムみたいと思った…

地域の農産物をコスメ原料として活かすために

f:id:tryaging:20200112150512j:plain
f:id:tryaging:20200110180139j:plain
f:id:tryaging:20200112151929j:plain
f:id:tryaging:20200112151923j:plain
f:id:tryaging:20200112151918j:plain
コスメ原料開発室は地域の素材をコスメ原料に活かすための重要な役割を担います

 コスメ原料開発室では、唐津市玄海町で採取された植物のエキスを抽出したり、その成分を研究するためのサンプル作成が行われています。大学での研究、企業への商品素材の提供などなど、産・官・学で新たなコスメの可能性を広げていく場所なのです。

知っているブランドにも、佐賀県の地域素材が

f:id:tryaging:20200112154324j:plain
f:id:tryaging:20200112154418j:plain
f:id:tryaging:20200112154425j:plain
f:id:tryaging:20200112154429j:plain
f:id:tryaging:20200112154435j:plain
佐賀の素材が使われているコスメたち。イグニス、クオン、ネロリラボタニカ、さが美人

 コスメ通に絶大な人気を誇るアルビオンのイグニスや、トップメイクアップアーティスト早坂香須子さんのブランド・ネロリラボタニカ、国産ワイルドクラフトコスメのクオン、久光製薬の化粧品ブランド・さが美人にも、ジャパン・コスメティックセンターが関わった佐賀の地域素材が使われています。そうとは知らずに愛用している人も多いことでしょう。

 この化粧品に記載されている「〇〇植物エキス配合(保湿成分)」の元は、九州の自然のなかで育まれていた。その力を認められて、取り入れられた。そのことが、改めてすごいことなのだと思います。3年前の、唐津のミカンハウスで温州ミカンのつぼみを摘んだ時の感動がよみがえります。

tryaging.hatenablog.com


 よかったら、ご愛用のコスメの裏側を見てください。そこに表記されているのはどんなエキスでしょうか。そのエキスの元となった植物にも、育った風土にも、一つひとつストーリーがあるのです。

 そして開発した人、原料を育てた人、製造した人など携わった多くの人々の想いが込められています。そう思うと、もっともっとそのコスメが愛おしく感じられるかもしれませんね。

 本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

※あしからずご了承ください※

私が実際にJCCコスメ原料開発室・佐賀大学農学部付属アグリ創生教育研究センター唐津キャンパス開放Dayに伺ったのは2018年です。ブログの情報・写真等はその当時のものになります。 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

ご当地コスメ2019年振り返り。

f:id:tryaging:20191231160932j:plain

九州・鹿児島から東北・気仙沼まで。2019年にご紹介させていただいたご当地コスメです。

 今年一年もこのブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。2019年は美容セミナーやTwitterで新しく繋がってくださる方が増えて、有益な情報をいただいています。とても嬉しいことです❣️深く感謝申し上げます。

  それでは2019年にご紹介させていただいたご当地コスメを振り返ります!!

 

 

佐賀県武雄市。『燦々喜々』のクリーム

蛍が棲む郷で大切に有機栽培されたへちまから採れた水と、名湯・武雄温泉水を配合。まろやかなテクスチャー。

tryaging.hatenablog.com

 佐賀県。『sila』のハンドクリーム

微細藻類由来の国産アスタキサンチンを配合。さらりと馴染んでデスクワークに。水を弾くから水仕事の前にも。

tryaging.hatenablog.com

 

佐賀県太良町。『田島柑橘園&加工所』のネロリウォーター

柑橘をこよなく愛する田島彰一さん自慢の逸品。美味しい柑橘もジュースもぜひ!!

tryaging.hatenablog.com

 

沖縄県池間島。『ヤラブの木』のタマヌオイル

今注目されているタマヌオイルを国産で商品化。池間島の太陽をいっぱい受けたテリハボクの種子のパワーを感じて。

tryaging.hatenablog.com

 

佐賀県。『さが美人』の唐津茶配合化粧水とシートマスク

プルプルテクスチャーの化粧水と、密着感がすごいシートマスクで、うるうる潤ってキメ美肌に。tryaging.hatenablog.com

 

鹿児島県南大隅町。『ボタニカノン』のクレンジングエマルジョンとピュアパッションフルーツ化粧水

天然由来の界面活性剤で潤い守ってメイクを落とすクレンジングと、甘い香りが魅力的なピュアパッションフルーツ化粧水。

tryaging.hatenablog.com

 

ご当地コスメ・佐賀県唐津市。『TBK®️』おなじみの加唐島椿オイルを使った化粧水

「ナノミキシング技術」によって完成した椿オイル配合化粧水。だからみずみずしくてしっとりの使い心地。

tryaging.hatenablog.com

 

鹿児島県指宿市。『Lunarium』の濃密美容泡マスク

生産日本一の指宿市のオクラに、肌のハリを支える美肌パワー。夜、眠っている間に使える泡マスク。

tryaging.hatenablog.com

 

ご当地コスメ・熊本県山鹿市。『地の塩社』のロングセラー・よもぎせっけん

シンプルで力強いパッケージが印象的。水と豊かな土壌に恵まれたよもぎをエキスにして配合した、シンプルなせっけん。

tryaging.hatenablog.com

 

ご当地コスメ・鹿児島県奄美大島。『アーダン』のピュアシルクパウダー

桑の栽培から養蚕、製品化まで一貫製造。混じりっけなしのシルクパウダーで素肌さらさら。メイクの上からも、ナイトパウダーにも。

tryaging.hatenablog.com

 

宮城県気仙沼市。『KESEMO MARINUS』のフカコラーゲンクリーム

フカヒレ生産日本一の気仙沼で、フカ由来のアテロコラーゲンはじめ気仙沼の自然素材を配合したコスメシリーズ。クリームは保湿力たっぷり。

tryaging.hatenablog.com

 

兵庫県神戸市有馬温泉。『吉高屋カメ印』美肌石鹸とリップクリーム

約1400年の歴史を持つ有馬温泉の炭酸泉配合。しっとりした洗い上がりの美肌石鹸と、ナチュラルな使い心地のリップクリーム。

tryaging.hatenablog.com

 

 ご当地コスメブロガーよりメッセージ

 このブログへの掲載を了承してくださったご当地コスメ各社のみなさまには、私の筆が進まないことでなかなか更新ができず、申し訳ございませんでした。しかしながら、どなたさまもブログアップのご報告に喜んでくださり、ありがたいことです😅

 

 ご当地コスメの魅力は、その土地に受け継がれた産物から生まれる美容成分はもちろんのこと、そのコスメをつくっている会社さんの想いが現れているところです。お話を伺ったり、メールでのやり取りで「使う人にもっと美しくなって欲しい」という気持ちだけでなく、「ご当地コスメによって地域活性化に貢献したい」「この素材の持つ可能性を追求したい」「地元の自然の素晴らしさを発信したい」、そういった想いがたくさん詰まっています。日本各地が持つ自然素材は、多くの人々を笑顔にするチカラがあると私は思うのです。

 ぜひ来年は、実際にご当地コスメを一つ、取り入れてみてください。その土地ならではの恵みと人々の想いが織りなす豊かな世界が、きっと広がることでしょう。

 

 今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 もうすぐ、2020年。あなたのキレイの世界が広がりますように。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

兵庫県・有馬温泉のご当地コスメで、冬の肌をしっとり洗う、くちびるを優しく潤す。

f:id:tryaging:20191219181152j:plain

目印はカメ印。レトロ可愛いパッケージにもご注目


今年は暖冬と言われているようですが、年末が近づくにつれ、寒くなってきましたね。空気の乾燥だけでなく、冷風にも晒される季節の洗顔、どうしていますか?お湯だけ洗顔も流行っていますが、就寝中に分泌され酸化した皮脂は落としたいもの…。だから冬は潤いを奪いすぎず、程よく汚れを落としてくれる洗顔料にスイッチ!そしてくちびるのケアも必須ですね。そんなニーズに応えてくれるご当地コスメを見つけましたよ!

「ご当地コスメ風土記」、今回は兵庫県有馬温泉の逸品をご紹介します!

 

  • 1400年もの歴史を持つ名湯・有馬温泉
  • 有馬の炭酸泉を配合した透明石鹸『美肌石鹸』
  • では『美肌石鹸』を使ってレポート!
  • ほんのり柚子の香り・『カメ印リップクリーム』
  •  +お風呂編♨︎シュワっと楽しむ入浴料・『有馬サイダーてっぽう水®️風呂』

 

1400年もの歴史を持つ名湯・有馬温泉

f:id:tryaging:20191219181452j:plain

有馬温泉の名旅館・古泉閣さん。多紀連山を見渡すロビーラウンジで素敵なリトリート

 兵庫県有馬温泉は、日本最古の湯としても知られる名高い名湯。 古くは舒明天皇孝徳天皇行幸が記され、一時期は衰退の道を辿ったとしても高僧の行基や太閤秀吉などが再興に尽力して栄えてきたことから、古くから有馬温泉がとても大切なものだったことが伺えます。

 有馬温泉は『金泉』と呼ばれる鉄分と塩分を多く含む赤褐色の温泉と、『銀泉』と呼ばれる透明の炭酸泉がよく知られています。昔の人は、経験的にこの温泉に浸かる(飲む)ことで得られる健康効果を知り「大切な場所だ」と言い伝えてきたのでしょうね。

 

f:id:tryaging:20191219194309j:plain
f:id:tryaging:20191219194239j:plain
有馬温泉の守護神・湯泉神社。(社殿の写真はS・Yさんよりお借りしました)

有馬の炭酸泉を配合した透明石鹸『美肌石鹸』

f:id:tryaging:20191219193843j:plain

真ん中のくぼみは、じっくりと自然乾燥させた証。(この写真では若干黄色がかっていますが、実際はもっと透き通った色味です)

 今回ご紹介させていただくのは、有馬温泉明治元年に創業された老舗土産物店・吉高屋さんの「美肌石鹸」。有馬温泉の恵みである炭酸泉が配合されています。スタッフの方が炭酸泉源に行き、取水されたものを製造工場に直送されているのだとか。

 

ここでコスメコンシェルジュの目!優しい洗い上がりは枠練りだから

日本化粧品検定協会の1級対策テキストにも出てきましたね!「枠練り」。

その特徴は…

グリセリン砂糖スクロース)などの透明な保湿成分が多く入っているため石けん自体が柔らかく、色は透明〜半透明になることが多い。肌に負担の少ないマイルドな洗浄力となる

 ※日本化粧品検定1級対策テキスト 46ページより引用

 『美肌石鹸』の成分表にも、グリセリンスクロースの記載がありました。さらに、水溶性コラーゲン(♫)やマルチトールなどの保湿成分も配合されています。

 また、枠練り石鹸は長い時間をかけて冷やし固めて成型し、自然乾燥させるため、商品になるまでは結構時間を必要とします。この『美肌石鹸』は80〜90日かけて自然熟成させています。じっくりとつくられた石鹸なのですね。

 

では『美肌石鹸』を使ってレポート!

f:id:tryaging:20191220122107j:plain
f:id:tryaging:20191220122112j:plain
ふわふわでもこもこ泡!水分が多いので使った後はしっかり水気を切って

 そのままでも結構泡が立ちますが、洗顔用ネットを使うとさらにきめ細かい泡になります。よく「泡を転がすように…」と言われていますが、私は泡を肌にのせてその上から優しくポンポンするだけ。もちろん小鼻などの細かいところは少しだけ念入りに洗いますが、 泡の弾力でできるだけ肌を擦らず、刺激せず、洗顔します。

 ぬるま湯で洗い流せば、石鹸らしいスッキリ感もありつつ、おだやかでつるりとした洗い上がりです。つっぱり感もほとんどありませんでした。^^

 香料、着色料、鉱物油、パラベン無添加です。

 

ほんのり柚子の香り・『カメ印リップクリーム』

f:id:tryaging:20191220152320j:plain

シンプル設計のリップクリーム。無色だから男性にも、お子さまにも

 『美肌石鹸』と一緒に購入したのが、『カメ印リップクリーム』です。 こちらも有馬温泉水を配合。オリーブ油、ミツロウ、ホホバ油にニュウコウジュ油などの自然素材を使い、ユズ果皮油のナチュラルな香りが清潔感を誘います。後に付ける口紅の色を邪魔しない無色で、普段の唇ケアにぴったりです。もちろん男性にも、お子さんもおすすめできる、ベーシックなリップクリームといえるでしょう。

 

 +お風呂編♨︎シュワっと楽しむ入浴料・『有馬サイダーてっぽう水®️風呂』

f:id:tryaging:20191220152337j:plain
f:id:tryaging:20191220152557j:plain
懐かしのラムネ菓子を模した入浴料。お風呂のひとときが楽しみに

 有馬温泉には地サイダーもあります。その名も『有馬サイダーてっぽう水』。強炭酸圧でシュワっとした清涼感が、まっすぐ喉を走っていく美味しさです。グラスの中の粒々に、その炭酸パワーを感じますね。

f:id:tryaging:20191220193110j:plain

有馬温泉街を友人たちと散策した際に見つけた『有馬サイダー』。スッキリとした甘みです(写真はA・Nさんよりお借りしました)

 このサイダーの香りとシュワシュワ感が楽しめる入浴料が『有馬サイダーてっぽう水®️風呂』です。入浴料らしからぬ大砲のパッケージは「発砲」と「発泡」をかけたもの。お土産としても、有馬温泉の思い出にしてもいいですね。

f:id:tryaging:20191220152604j:plain
f:id:tryaging:20191220152610j:plain
ひと粒ひと粒がシュワシュワっと発泡。その後は白濁したお湯に

 香りこそサイダーですが、入ってみると全身しっとり。グリセリンなどの保湿成分が配合されています。じっくり浸かることで、全身がポカポカ温まりました。

 

 有馬温泉の老舗・吉高屋さんのご当地コスメはこの他にもたくさんあります。有馬温泉に行かれる際はぜひチェックしてみてください。

もちろん、webサイトでも購入することができます。

www.yoshitakaya.com

 

 そして有馬温泉で私が超絶おすすめするお宿が「古泉閣」さんです。6万坪の敷地に広がる四季折々の眺め、自家泉源を持つ元湯旅館であり、お料理も贅を凝らした京風懐石料理…そしてなんといっても温かいおもてなしがうれしい素敵なお宿です。日帰りで訪れるのもいいですね♫

続きを読む

フルーティーで、ほんのり苦味がアクセント。唐津オリーブ収穫祭で味わった、唐津産オリーブオイル。

f:id:tryaging:20191116145623j:plain

唐津オリーブ収穫祭で販売されていた唐津産オリーブオイル。テイスティングさせていただきました

 早いものでもう11月半ばです!いかがお過ごしでしょうか?今回はご当地コスメ…ではなく唐津で出合ったオリーブオイルについてのお話です。これも奥が深いのです!

 では参りましょう♫

食べる美容液・オリーブオイル 

 近年注目されているオイル美容の流れを受けて、食事で摂るオイルも様々なものが出てきています。その中でも、オリーブオイルは「食べる美容液」とまで言われるほど美容意識の高い人々から愛されている存在です。

・例えば、オリーブオイルにはお通じをよくする働きがあります。もともとオイルは腹持ちがよいので、オリーブオイルを料理に用いればダイエットに効果的。

・オリーブオイルに含まれるポリフェノールは抗酸化力があり、美肌の大敵活性酸素に対抗してくれます。

 他にも主成分であるオレイン酸が悪玉コレステロールを減らすなど、オリーブオイルは健康によい働きを持っています。

そして…そして…

 うれしいことにオリーブオイルはとても美味しい、のですね。(^ ^)

 

唐津オリーブ園で収穫された搾りたてオリーブオイルを味わう!

f:id:tryaging:20191116145332j:plain
f:id:tryaging:20191116145325j:plain
10月のよく晴れた日、唐津市宇木宝満神社横広場で開催された唐津オリーブ収穫祭に行ってきました!

 以前、ご紹介させていただいたナチュラルオリーブ化粧品を展開されている「ハーベスト」の山浦さんは、唐津市でオリーブ農園を経営されています。

tryaging.hatenablog.com

 山浦さんが代表を務める唐津オリーブ研究会では、2015年からオリーブ収穫祭を開催されていて、今回が5回目。会場ではオリーブの枝を使ったリースづくりやオリーブオイルとアロマオイルのバスシュガーづくり、バームづくりなどの体験や、オリーブリーフを使ったスウィーツなど地元の美味しい農産物や加工品、食べ物のショップが並び大賑わい。また、マイクロバスでオリーブ農園まで行き、オリーブの手摘み体験もありました。

 もちろん、この年収穫したオリーブからつくられたエキストラバージンオリーブオイルもありました!

 山浦さんの指導の元、テイスティングさせていただきましたよ! 

 まず、カップにオリーブオイルを少し入れます。片方の手で包み込むようにカップを持ち、もう片方の手でカップに蓋をするように塞ぎます。手で温めることでオイルの温度が上がり香りがよく立つようになります。

 次にカップの手をずらして香りをかぎます。それから少量のオリーブオイルを舌の上に載せ、「スッ」と、歯の間から息を吸い込みます。オリーブオイルの香りが鼻腔に広がります。

 そしてゆっくりオリーブオイルを飲み込みます。この時、喉の奥に感じるピリッとした苦味がポリフェノールです。

 山浦さんが丹精して育てたオリーブ果実のオリーブオイル、まず青々しい香りが立ち上り、舌に載せるとまずまろやかさが、「スッ」と息を吸い込むと摘みたての果実を感じるような、なんともフレッシュでフルーティーな香りが広がります。まるで唐津の青い海を渡ってくる風と豊かな大地を思わせるかのようです。

 飲み込むとピリッとした苦味がオイルの味わいに奥行きを与えています。想像よりも遥かに美味しいエキストラバージンオリーブオイルだったのです。

f:id:tryaging:20191116163350j:plain

希少な唐津エキストラバージンオリーブオイルの風味を楽しむなら、パンかな?フレッシュな香りとピリッとした辛みがアクセントに

 

唐津の地で、オリーブを栽培する山浦さんの想い。

f:id:tryaging:20191116162406j:plain
f:id:tryaging:20191116162401j:plain
f:id:tryaging:20191116162356j:plain
宝満神社横の建物は、大林監督の「花筐」のロケ地。レトロな素敵な建築物でした。収穫したてのオリーブの新漬けもいただきました

 山浦さんに今年のオリーブ果実の出来栄えやオイルについてお聞きしました。

「台風で木が何本か倒れる被害はありましたが、収穫にはさほど影響なく、オリーブの出来栄えはよかったです。このエキストラバージンオリーブオイルは数日前に搾油所から来たばかりの搾りたてで、酸度は0.15%です。」

 国際オリーブオイル理事会の規格では、エキストラバージンオリーブオイルの酸度は0.8%以下となっているので、山浦さんの自信のほどが伺えます。

 「唐津オリーブ農園では、なるべく自然に負荷をかけない方法でオリーブを育てています。除草も人の手で行っているんですよ。でもまだまだ唐津でのオリーブ生産は知られていないんです。このオリーブ収穫祭は、地域の方たちに楽しみながらオリーブを知っていただくための取り組みの一貫なんです。もっとオリーブの収穫量を増やして、食品、コスメ、観光などで、この地域を盛り上げて行くことができたら…と思っています。」

 オリーブオイルの味わいは、育つ土地の風土も大きく影響しています。今回、収穫祭で山浦さんの「オリーブで地域を盛り上げたいという想い」を改めて知り、その味わいがさらに深まったように思いました。

 

山浦さん渾身のエキストラバージンオリーブオイルはないのですが…オリーブリーフティーとコスメはこちらで購入することができます。オリーブリーフには抗酸化物質・オレウロペインが含まれています。

oliveharvest.thebase.in

 

 

復興への思いを込めて!気仙沼の恵み・フカコラーゲンを配合したクリームを、乾燥する季節の肌に!

 

f:id:tryaging:20191019155313j:plain

宮城県気仙沼市で見つけたご当地コスメ。KESEMO MARINUSのクリーム

 あっという間に秋が深まってきました。この前の台風にて被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。昨今の自然災害が続くこと、また被害の大きさに、言葉を失うばかりです。1日も早く普段の生活を取り戻されることを祈っております。

 

 さて先月、私は宮城県を訪れる機会を得ました。私にとって初めての東北です。その際、宮城県在住の知人より「素敵なご当地コスメがありますよ」という情報をくれました。

 今回は気仙沼ならではの特産物を用いた、ご当地コスメをご紹介します。 

 

フカヒレ生産日本一!気仙沼のフカヒレでキレイになる!?

 

f:id:tryaging:20191024142325j:plain

気仙沼産のフカヒレのステーキ!(画像はY.Oさん撮影)

 「コラーゲン」と言えば、コスメによく配合されているおなじみの保湿成分。もちろん美容食材としても大人気ですね。このコラーゲンを豊富に含む食材の一つに、高級食材として珍重されてきたフカヒレがあります。

 今回訪れた気仙沼は、フカヒレ生産日本一!

 フカヒレまるごとのステーキをいただいた後に、私は宿泊したホテルで「フカコラーゲンを配合」と書いてあるご当地コスメに出合いました。

これが知人が教えてくれた気仙沼発のご当地コスメ、KESEMO  MARINUSです。

f:id:tryaging:20191016164043j:plain

KESEMO MARINUSのラインナップから、クリームを選びました

気仙沼の美容資源をコスメに。KESEMO MARINUS

ラインナップは洗顔料、化粧水、美容液、保湿美容液、クリーム、日焼け止め。いずれも気仙沼産フカ真皮から抽出したコラーゲンが配合されていて、さすがフカヒレ生産日本一を誇る気仙沼らしさを感じさせるコスメです。しかもハマナス花エキスや柚子種子エキス、酒粕エキスなどの気仙沼の美容資源も配合され、美肌への期待が高まります。

 

では、マリナスクリームを試してレポート!

f:id:tryaging:20191016164101j:plain
f:id:tryaging:20191016164106j:plain
f:id:tryaging:20191016164115j:plain
高級感のある透明な容器。スパチュラで取って、丁寧にスキンケア

どのアイテムも魅力的だったのですが、これから冬に向けて保湿力を試してみたいと思い、私はマリナス クリームを購入しました。実際に使ってみると、とても柔らかいテクスチャーで、肌にのせるとなめらかに伸び、リッチなコクがあります。急速に乾燥が進むこの時季なのに、翌朝も肌がしっとり。フカヒレの美味しさに感激した後は、美容素材としてのフカコラーゲンのうるおいに感激しました。

 

 復興への想いを込めたご当地コスメ。

f:id:tryaging:20191016164339j:plain

気仙沼漁港。工事中のところがいくつも見受けられました

 福岡に戻った私は、KESEMO MARINUSさんに連絡させていただき、同社の佐藤さんから商品ができた経緯や商品づくりについてお話を伺いました。

「この商品が誕生するきっかけは、東日本大震災でした。地震津波、火災で大打撃を受けましたが、“元に戻す復興”だけでなく“新たなものを生む復興”をと、気仙沼市と市内の水産関連会社30社(発足当時)によって、2013年に『気仙沼水産資源活用研究会』が発足しました。

 この研究会の活動を進める中で、生産量日本一であるフカヒレに着目。このフカヒレの美肌効果を実感できる化粧品を、産地である気仙沼で誕生させたいという思いから、産官学でフカコラーゲンを活用した化粧品の研究・開発を進め、2015年にミスト化粧水、ジェル美容液の2品を販売しました」。

 

 KESEMO MARNUSさんのコスメに配合されているコラーゲンは、加熱処理をしていないため、タンパク変性がなくコラーゲン本来のスキンケア効果を保っています。フカヒレの鮮度を維持するために低温でスピーディーに加工する、気仙沼では当たり前の加工技術が、良質な化粧品成分・フカコラーゲンの誕生につながったのだそうです。

 メールでやりとりさせていただいたのは、台風19号が近づいていた頃でした。佐藤さんは「台風の影響はありませんか?」と気遣ってくださり、その温かさにも感激。

 思えば、宮城県在住の知人のアテンドで仙台〜気仙沼をめぐったこと。東日本大震災津波の被害を受けた後の、平に広がる何もない土地と遺構として残された高校の外観を見て、自然の恐ろしさを目の当たりにしたこと。気仙沼の豊かな自然の恵みをいただきその美味しさに圧倒されたこと。「今この地で生きていく」人々の姿に触れたこと。ひとことでは言い表せない、深い思いが湧き上がってきます。

f:id:tryaging:20191102172517j:plain

荒海に向かっていく龍のような姿。気仙沼市岩井崎の龍の松は、東日本大震災による津波で多くの松が倒され、流された中、奇跡的に残っていた松の木です。

 私がご当地コスメに惹かれるのは、その土地ならではの肌に良い成分を活かしているからということもありますが、その向こうに土地の風土や人々の営みを感じるからでもあります。きれいになりたいから、この使い心地が好きだから、とご当地コスメを選んで使うことが、その地で生きる人々を応援することにもつながります。

 ご当地コスメに限らず、日本の優れた美容素材を積極的に使うことがもっともっと盛んになれば、美と笑顔がもっともっと増えるかもしれません。

 一人のひとをキレイにすることが、その土地をも元気づける。これからのコスメには、そのような役割も期待されていると私は思っています。

 乾燥が進む季節、気仙沼産フカコラーゲンの潤いをぜひ試してみてください。

 

KESEMO MARNUSさんのクリームはこちらから購入することができます。

マリナスクリーム | KESEMO MARINUS(ケセモマリナス)

 

お読みいただき、ありがとうございました。

このご当地コスメが、肌悩みの解決に役立ちますように。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング

肌に、すっぴん以上、メイク未満のヴェールを。奄美大島産ピュアシルクパウダーはいかが?

f:id:tryaging:20190916161258j:plain

シルク入りパウダー商品はいくつかあれど、シルク100%パウダーとは驚き!

例えば、旅行の時や、温泉地めぐり、ジムの行き帰りなど。メイクは落としているけれど、素顔のままではちょっと気がひける…というときに便利なパウダーが各社から登場するようになりました。ファンデーションではなく、フェイスパウダーなのでとても自然な仕上がりにしてくれる魅惑のアイテム✨

「もう使ってますよ!」という方も多いかもしれませんが、今回はそのようなシーンに活躍するご当地コスメを見つけましたのでご紹介しましょう。

 

 

 

桑の栽培からシルク化粧品の製造まで一貫して行う、奄美大島アーダンさん。

f:id:tryaging:20190930150347j:plain

アーダンさんの出展ブースでいただいたパンフレット。養蚕とシルクにかける深い想いが伝わります

私はシルク入りコスメのサラサラしたテクスチャーが好きなので、普段からシルク入りのファンデーションや日焼け止めを使っています。そのせいか、ベースメイクやフェイスパウダーは「シルク入りがあれば…」といつも探しています。

 

偶然にも8月博多阪急のイベントで、出店されていたシルク化粧品のメーカー・アーダンさんのPOPが目に入りました。シルク入りの商品がずらりと並んでいます。早速お店の方にタッチアップをしていただきながら、商品のことなど色々とお話を伺いました。

「私たちの会社のシルク商品は、桑の木の栽培から始まるんです。もともと、奄美大島では大島紬をつくるための養蚕が行われていました。繭を加工する工場に勤めている女性たちの手が美しいことに着目して化粧品の製造が始まったんですよ」。

大島紬は、奄美大島を代表する伝統工芸品。美しい大島紬をつくり上げるのに多くの人々が関わってきた、シルクの良さを知り尽くした土地柄と言えますね。しかも蚕の食料である桑の栽培から取り組まれている、というところにアーダンさんのシルクへの並並ならぬこだわりが伺えます。

 

肌馴染みの良さはシルクに含まれるアミノ酸 

繭から得られたシルクの糸は、内側のフィブロリンとそれを取り囲む外側のセリシンで成り立っています。アーダンさんはフィブロリンをコスメに使用しています。フィブロリンに含まれる18種のアミノ酸は、人間の肌のアミノ酸にも含まれていることから親和性が高く、とても肌馴染みが良いのだとか。肌への優しさだけでなく、ハリや弾力、乾燥による肌トラブルケアなど様々な美肌効果も期待できるのだそうです。

 

研究者が追求するシルクのさらなる可能性

f:id:tryaging:20190930150310j:plain

再生医療の分野でのシルクの可能性を紹介する新聞記事に、アーダンさんも紹介されました

実は、シルクのパワーはコスメだけではありません。

昔から医療用縫合糸としてもシルクは使用されてきました。創業者の西里依さんのご子息で現社長である西博顕さんは、京都大学医学部出身の研究者。人体への適合性が高いと言われるシルクの可能性を追求した研究をされています。シルクは再生医療の場で、また将来の産業を担うバイオ素材として、大いに期待されているのだそうです。

 

サラサラナチュラル、シルク100%のフェイスパウダー

f:id:tryaging:20190916161304j:plain
f:id:tryaging:20190916161316j:plain
フタを開けると、パフと仕切りのフィルム、ネットの下にシルク100%のパウダーが

では、アーダンさんのフェイスパウダーを使ってレポートしましょう。

国産シルク100%のフェイスパウダーは、上品なアイボリーがかった白い色。パフにとって揉み込んでからはたくと、肌にうっすらとヴェールがかかったようになります。このシルクのヴェールが、肌をワントーン明るく見せながら紫外線やホコリなどからも守ってくれるのですね。アーダンさんのラインナップにはリキッドファンデーションもあるので、メイクの仕上げとしてはもちろん、例えばお風呂上がりなどは汗のベタつきを抑えるのにうってつけだと思いました。まさに、すっぴん以上、メイク未満のナチュラルなキレイ肌✨

付けた感触も軽やかなサラサラしていて気持ち良いのです。気に入っています。(^ ^)

f:id:tryaging:20190930172947j:plain
f:id:tryaging:20190930172441j:plain
f:id:tryaging:20190930172436j:plain
フタの裏は鏡付き。パフでそっとつけるとうっすらシルクのヴェールが(色がわかりにくくてすみません…)

アーダンさんのシルクコスメは、自社一貫製造されているだけあってシルク含有量の多さが大きな特徴です。フェイスパウダー以外にもスキンケアラインがとても充実しています。店頭ではクレンジングなども試させていただきました。使用方法がユニークで興味深かったため、機会があればこちらでご紹介できればと思っています。


奄美大島の地から多彩なシルクコスメを世に送り出すアーダンさん。全国の百貨店などで積極的にイベント出展されています。シルクがもたらす肌への優しさと美しさを、ぜひ実感してみてください。

アーダンさんの出展情報はこちらです。

www.adan.co.jp

 このブログでご紹介させていただいたフェイスパウダーはこちらで購入できます。

www.adan.co.jp

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

今回ご紹介したご当地コスメが、あなたのキレイに役立ちますように。

 

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村 美容ブログ ご当地コスメへ
にほんブログ村
メイク・コスメランキング